読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 富山新庄クラブvsセレッソ大阪

セレッソ観戦記

キンチョウスタジアム 2010/09/05 18:00キックオフ

天候 残暑が厳しいざn

セレッソ7-0富山新

得点:高橋、丸橋、永井×2、アドリアーノ×2、播戸

 大勝。

アドリアーノ 永井

 清武  家長

マルチネス アマラウ

丸橋 上本 茂庭 高橋

   松井

ベンチ:丹野、藤本(→上本)、石神、酒本、羽田(→茂庭)、小松、播戸(→アドリアーノ

 完全本気モードで何より。

 見てないんで適当になっちゃうけど。

 力の差を見せられたことは評価できるし、必死に来たはずの相手を全力で0点に抑えたのも素晴らしい。

 シュート数に対して得点が少ないとはまあ不満の対象かもしれないが、点差や実力差を考えて尚フィニッシュへの意識が高くあったと評価できる。

 あと相手監督のコメントを読むと、大きなサイドチェンジなどで突進してくる相手をいなすなど戦いも心得たものだったようだ。

 注文通りの圧勝、内容も伴っていたということで、まずはほっと胸を撫で下ろす感じ。

 しかしながら猛暑続きで一段と酷い事になった日程はなんだろうと。

 この試合含めて大差のついたゲームが多数。

 流石にプロチームに(デーゲーム、更には延長PKさえあった)中1日では自分たちのサッカー完遂なんてこと不可能ではないか。

 ラインを高くコンパクトに、ボールホルダーに対してきっちりチェックに行く。

 富山新庄が選択した戦術は、疲労困憊の選手には辛く個人能力の差と相まって大量差となった。

 それでも走り抜いた選手に惜しみない拍手が送られたという。

 これでは秋春制議論も再燃するだろう。

 ただ議論の中には「無茶な日程を組んだ為」という部分は組み込んでおいて欲しい。

 次はしっかり空いて10/9の3回戦、仙台との対戦。

 ……そ、ソニー仙台ですか。

 この富山新庄戦を考えたらJFLとは言え負ける相手ではないけど、相手ホームなので油断禁物。

 ジャイキリを狙ってくるチームが準備万端でかかってくるのだからそれ相応の覚悟で挑みたい。

暑すぎる夏も考えものだな。

今日の観戦:見てない

 けど某所で上がってたゴールシーンの動画をゴニョゴニョ。

 高橋のスーパーミドル、リフレクションを拾った丸の技ありシュート。

 んで龍のトップ公式戦(SULも公式だけどな)初ゴールと。

 焦ってたらしいけどw 冷静に見えたGKをかわす動きとか、若干戻り気味になりながらヘッドを決めるとか。

 本人曰くU-15,U-18とデビュー戦では必ず点を取ってきたという「持ってる」部分。

 ユース時代から変わらず同じように決めてきた「積み重ね」の部分。

 それがきっちり出せる能力。入団時にも書いたけど「生粋の点取り屋」を地で行く男だ。

 兄貴の義文も前日得点を決めてたみたいだし(こちらは大敗してしまってるが……イゴールどないしたん? 堅守シュライカーはどこへ)週末は永井家デー(ズw)

 今後にも期待出来るなあ。ってか初めて見た時から期待し続けてるけどねw