読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第24節 ヴィッセル神戸vsセレッソ大阪

ホームズスタジアム神戸 2010/09/25 15:00キックオフ

天候 晴れてるようだが

セレッソ0-0神戸

得点:

 龍、リーグデビュー。

  播戸

 清武 乾 家長

マルチネス アマラウ

丸橋 上本 茂庭 高橋

   松井

ベンチ:丹野、藤本、石神(→清武)、酒本、羽田、小松(→家長)、永井(→播戸)

 本当にオメ。

 まあ大久保や榎本などの主力が抜けてる神戸に勝てない時点で色々思うところはあるわけだが。

 龍が殆どボールを触れなかった事を見ても、結局トップにボールが運べてないということで。

 しかし塁の一人無双というか……凄まじいドリブルは見ものだった。

 正直悪い意味でだけどね。

 あれだけドリブルしてシュート0。これではなあ。

 まあ全体的にシュート数は少なく神戸に負けてる。

 結果単発のミドルで終了してる感が強く。

 コメントでも書いたんだけど、播戸にアドの代わりをさせるのか、周りがアドでなく播戸と組んでる動きをすべきなのか、その辺が若干中途半端でなかったかと。

 爆発的なスピードで裏へ抜ける選手とタイミングと駆け引きで裏へ抜ける選手とかあるわけだし。

 9月、勝ち点9のうちゲット出来たのは僅かに2。

 ホームを含んで関西圏アウェーのみの移動でこれだ。

 上を狙うには少々厳しくなってしまったというのが本音だし、何よりここがチームとしての停滞期って奴なんだろうかと。

 上手く行ってるシステムとメンバー。

 そこが入れ替わるとどうもギクシャクするし、かと言って良いイメージのある部分を崩せない。

 これを早い段階で乗り越えていかないと、終わってみれば二桁順位でした、えへっ。なんて事も。

 越えられるだけのポテンシャルは秘めてると思うし、優勝はともかく賞金圏内、ACL圏内へ入るということは来季も変わってくるということ。

 是非目標をぶらさずにやって欲しい。

 守備は相変わらず良いしね。これだけは本当に救いだと思う。

 次はフルネームで呼ばれることで有名な矢野貴章師匠が抜けて以来調子を落としている新潟をホームで。

 ナビスコは兎も角あまりホームで負けてないイメージなのでこれを機に復調したい。

 とはまあ向こうも思っているだろうけどね。

順位を落としている今が正念場。ここからが本当の勝負と言っても過言ではない。はず。

今日の観戦:スカパー

 ホムスタは昼間に屋根を開けてると雰囲気がなんつうか独特。

 日向見えにくいしw

 マルチネスが日向までドリブルしてシュートしたのはわざとなんだろうな。