読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第25節 セレッソ大阪vsアルビレックス新潟

セレッソ観戦記

キンチョウスタジアム 2010/10/02 16:00キックオフ

天候 晴れ

セレッソ2-1新潟

得点:播戸、丸橋

 丸、リーグ初得点。

  播戸

 清武 乾 丸橋

マルチネス アマラウ

石神 上本 茂庭 高橋

   松井

ベンチ:丹野、藤本(→清武)、尾亦、酒本、羽田、黒木、小松(→播戸)

 本当にオメ。

 そしてそれが決勝弾になる。

 正直言うと播ちゃんなんかあれを枠内に入れられない段階で終わったなと思ったし、丸もあれを枠内(ry

 その2人が得点して勝つとは夢にも思わない展開。

 JAGSで野々村さんが褒めてたように、播ちゃんがシュートのこぼれを狙う姿勢は良かった。

 ラインのチラ見と蹴る前の猟犬のような動き、そして蹴った後のダッシュと落ち着き。

 なぜあれを外(ry

 失点シーンは要反省。マルチが慌てて戻ろうとしていたがあそこをフリーにしたのは誰の責任か良く考えないと。

 コースを微妙に変えられたのでノーチャンスといえば確かにそうだが。

 それ以外では矢野貴章師匠のいなくなった、ミシェウやマルシオリシャルデスも居ない新潟は正直何も怖くなかった……。

 それなのに引き分け濃厚な色を醸しだすピッチ。

 ぶっちゃけ塁投入でその色は濃くなったかと。

 しかしその塁がやってのける。右サイドへ抜けだした乾のセンタリング。

 は、これ前には触れもしなかったパターンの奴や!

 と思うが今度は何とかモモシュートに成功。良い方向へ飛ぶも相手GKが辛うじて手に当てる。

 軌道の変わったボールは無情にもポストへ当たり跳ね返る。

 しかしそこへ全力で詰めてきた丸。跳ね返りに見事なターンを見せて左足を振り切る。

 キーパーの脇をすり抜けゴール。メガネ飛ばして喜ぶ俺。それを見て笑う義父と義母。起きる嫁←昼寝してた

 ヒーローインタビューで播ちゃん出てきた瞬間「オイ」ってなったけどもその後ちゃんと丸登場。

 マイクを見ながら喋り続ける良くある光景に笑顔w

 これでまだまだいけると証明できたと思う。

 個人も悪くないしアド、アキさんという主力の穴を存分に埋めることは出来たはず。

 久々先発のガミさんも悪くなかった。

 楽勝ムードから一転暗雲が立ち込めたのは確かに反省点だが、それだけ伸び白みたいなものもまだあるということ。

 3位、ACL、優勝など「狙える」と思うなら更に強く。そこがまた課題だろう。

 天皇杯を挟んで強豪レッズ、天敵仙台と続く。

 その天皇杯も伏兵ソニー仙台。Jチームを破って勢いづく相手をいなせるかどうか。

 9月は未勝利(と言っても3戦だけどね)だった。10月攻勢を仕掛ける為にも勝たなければならない戦いが続く。

 締めは現時点で首位の名古屋。

 言わずもがな、この4戦は重要なものになる。

絶対勝利。

今日の観戦:スカパー

 久々にHDDに残しておく試合になった。

 実況解説も良かったしw