マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第28節 名古屋グランパスvsセレッソ大阪

豊田スタジアム 2010/10/30 13:00キックオフ

天候 台風どこ行った!?

セレッソ0-1名古屋

得点:

 遠いゴール。

 アドリアーノ

 清武 乾 家長

 羽田 アマラウ

丸橋 上本 茂庭 高橋

   松井

ベンチ:丹野、山下、石神、酒本、黒木(→清武)、小松(→アドリアーノ)、播戸(→羽田)

 遠い目標。

 風邪の影響でまったり観戦。

 いや、まったりでもないか。

 とにかく2階席最上段は最高の場所。

 思うところもあり、現地でありながらここを選択。

 台風中止を睨んで当日券に賭けた俺だったがプラス料金分の凄さがあったのは事実。

 体調が戻っても豊スタではここかも……。

 アイフォーンから上げた写真見てもらうと分かるのだけどまさに鳥瞰図。

 2002W杯のスカパータクティクス映像の上を行く眺め。

 ここから見ると前はバランスを崩していることが良く分かる。

 アドが前へ行き過ぎる、フォローが足りない等。

 乾が怒りアドも怒り、それはどっちもどっちやなあと思うプレー。

 小豆は退任の噂もあり、ここのバランスを取ってチームを熟成させるという道はもう選ばないのだろうと思う。

 宗教じみた精神論を押してくるってことには同意だが、それにはそんな背景があるんじゃないかなあ。

 個人がレベルアップすること、それに尽きるかと。

 アドはともかく、3シャドウズはそれぞれにそれぞれの問題を抱えている。

 それを打ち破れるのは自分自身でしかないかと。

 さて守備はアマラウが相変わらず怪しいミスを繰り返すものの殆ど破綻がない。

 一発、やられたと思ったバックヘッドがあったが松井のスーパーセーブで事なきを得た。

 そして羽は本当に良い準備をしてるんやなあ。

 バランスを取ること、時にはPA内へ顔を出して攻撃に絡む等、良い仕事をしたと思う。

 それだけに今日の出来から言えばアマを代えるべきだったと思うのだが……。

 そんな守備だったからこそ(この遠景からでも)あのPKには流石に殺意が湧いた。

 TJと聞いた時から諦めていたが。このガッカリ感は一時期の家本政明さんの比ではないくらい。

 家本さんは場が荒れるジャッジだからねw

 東條は下手、ただひたすら下手。

 失点後、じゃあ取り返すかという気分になるも攻撃は相変わらず問題を抱えまくり。

 しかし小豆のくせに後半開始に英断。アド、羽に変えて播ちゃん塁を投入、練習でやってた4-4-2へスイッチ。

 これはハマった。

 播ちゃんがポスト、塁が衛星的に動いて右に左に顔を出すプレーで名古屋をゴール前に釘付けにする。

 ただ残念なのはアキさんがボランチへ下がっていたこと。

 確かにあの位置でノープレッシャーで珠を捌いていたのは流石だった。

 けども俺は「攻撃の第一歩」ではなくて「得点に直接絡むプレー」こそアキさんの持ち味だと思っている。

 小豆は撃ち合い上等で下げたと言っていたが、アマラウも行きたがるのでバランス取りをするシーンもありこれはどうだろうと思った。

 羽が残っていれば……。

 この後キヨに代えて黒木を投入。3ボランチ気味に更に攻め入るも楢崎のセーブもありあえなく敗戦。

 ただ後半は名古屋に必死の守りを強いたりとかなり盛り返したので満足度は高いゲームだった。

 塁のドリブル突破を引っ掛けたやつ、あれは絶対PKやけどな、TJよ。ほんまお前は下手やな。

 握手拒否は……まあ俺はプロだからこそ思うところがあると思うので。

 さて更に順位を落とすも2位鹿島3位吹田もこけたおかげでACL争奪戦はまさに団子状態。

 5~7位まで同勝ち点、3位まで4差という非常に楽しい事態を引き起こしている。

 前にも書いたがそのライバルとまだ3試合残しているのは好材料

 まずは清水。前回は完膚無きにやられた(それでも2点返す底力はあったが)リベンジをしたい。

 下り調子同士の熱い戦いとなるがw やってることは間違いではない=勝てるをそろそろ証明しないと。

 名古屋はもう優勝してもらうとしてこの試合は捨てておいたが←まさに捨て台詞→ACL、本当に欲しいなら残り6試合全部勝って勝ち点18は上積みすべきだ。

 勝てるゲームになってきている。ただ運だけではない部分も見えている。

 もどかしいとは思うが。

残り神奈川3、静岡2、山形って若干偏ってねえか?

今日の観戦:生

 いやあマジでこれからは豊スタ開催で。

 あのPKの代償でいかがですか?

 TJの下手ジャッジの尻拭いを押し付けるなって話だがw