マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第31節 セレッソ大阪vs横浜Fマリノス

キンチョウスタジアム 2010/11/20 17:00キックオフ

天候 こんな小春日和の穏やかな日は

セレッソ2-0横浜

得点:オウンゴール、家長

 ちゃぶりちゃぶられ。

 アドリアーノ

 清武 乾 家長

 マルチネス アマラウ

丸橋 上本 茂庭 酒本

   キム

ベンチ:松井、藤本(→上本)、石神(→丸橋)、羽田、小松、播戸、永井(→清武)

 ふりふられ。

 ちゃぶられたシーンなんぞ殆ど無かったけど。

 相手の大黒柱であるCB2枚が欠けてたといえ完勝。

 GK飯倉が当たってなければ夢のスコアもあっただろう。

 アドはハット決めてただろうなw←アドが失敗したシーンもあるけど

 序盤は探り合いだったが良い集中で凌ぐとあとは一方的なセレッソペース。

 3枚のシャドーは流動的に動きアドも時に1トップらしいポストも見せつつ攻撃に絡む。

 中盤は強行出場だったマルチネスアマラウが安定感を持って支配。

 CBも大海が強行出場だったもののモニのスーパーなディフェンスは健在。

 ここ2試合5失点、先制されまくりでピリっとしない試合が続いたのでやりきった感もひとしおだったろう。

 そして今日のゲームのポイントはサイド。

 シャケと丸が試合中ずっと制圧し続けた。

 攻撃に絡むシャケ、そして人気者俊さんが流れてきたところをきっちり押さえ込んだ丸。

 相手の守備があれだったとしてもここを抑えたセレッソが勝ったのはある意味必然だ。

 先制点は乾。ではなくオウンゴール

 あれが枠に向かってれば乾で良かったんだろうけど……明らかにクリアしそこねた波戸が叩き込んでますね。

 お前のゴールになんぞするもんかという気迫が(ry

 それでも乾の喜びようを見ると相当思うところあったんだろうなあ。

 日産の祭り、盛り上げられなくて本当に申し訳なかった。

 加点は後半、アキさんのトラップから腿で押し出して裏へ抜けたドリブルは凄かった。

 冷静にコントロールしたシュートと喜びのマリオジャンプ

 この日は1点でも十分と思ったけどこの加点で勝負あり。

 しっかしアドリアーノのファールを取った線審……。

 あんなん審判資格持ってる奴の100人中99人は波戸のファール取るわ。

 残りの1人がお前じゃ。

 ゴールが決まったあとに波戸に決定機会阻止でイエローが出るようなシーンだろうが。

 後半から代えられてもおかしくないくらいの誤審だぞ。

 しかしアドもあれだけちゃぶって無得点とは……w

 あと相手方は俊さん、そして小野やね。

 さすがの動きを見せるシーンもあった俊さん、しかし簡単なクリアを自陣のDFラインの後方へ蹴ってしまうミス。

 これは「噂の逆基点か!?」と思ったがw

 小野は敵ながら(そしてあのユース所属やからあれやんねけど)あの空気はそう簡単に出せないね。

 一歩間違えばただのD Q Nなんだけども、それで終わらないような気持ちのぶれ無さを感じる。

 俊さんのパスミスにぶち切れる日が来たら鞠は彼の時代だな。

 まあ今はただの高校生。プロ契約してからが勝負なんだろうけどね。

 さて神奈川シリーズ、ホームではまず1勝。

 アウェイ連戦が待っている。

 まずは川崎戦。同勝ち点の相手だけに絶対に叩きたい。いや叩かなければならない。

 お互いハードスケジュール、怪我人などで消耗戦は必至だが総合力を問われる意味もある。

 ここまで積み上げた物、それが勝ち点だけでないことを見せないと。

と言いながらもそう言うのが出せなくてここという気がしないでもない……w

今日の観戦:スカパー

 解説の長谷川が家長が目立たないと言い出した瞬間にゴール決めるのがアキさんクオリティw

 しかし優勝逃してヘラヘラ出来ないとかそういう事なのかそんな人なのか……インタビューはもっと笑顔で受けても良いと思うけど。

 これは他のチームの選手見てても一緒。

 某東京のチームのストライカーが仏頂面で声も低くて受け答えしてるの見て印象悪かったなあ。

 ピッチでだけ結果出せば良いでしょ? っていうのは絶対に違う。プロとして違う。

 慣れない事かもしれないけど、口元目元に少し笑みを浮かべておくだけで違うんだから、それくらいやっても良いんじゃないかといつも思う。

 まああのマリオジャンプはチャントがマリオのゲームだからなのかもしれんがw