読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第32節 川崎フロンターレvsセレッソ大阪

セレッソ観戦記

等々力陸上競技場 2010/11/23 17:00キックオフ

天候 曇って寒くて雨降ってくるとか

セレッソ2-1川崎

得点:小松、アドリアーノ

 スーパーゴールの連続。

 アドリアーノ

 清武 乾 家長

 マルチネス アマラウ

丸橋 上本 茂庭 酒本

   キム

ベンチ:丹野、藤本(→乾)、石神、羽田、小松(→アマラウ)、播戸、永井(→清武)

 白熱の展開。

 iPhoneから上げたけど、着くなりじゃぶじゃぶ水を撒いているピッチw

 まあアウェイだしそんなこともあるよな、と納得すると同時に川崎のこの試合に掛ける意気込みも伝わる。

 お互い負けたらACL圏内を逃すことになるだろう、そんな予感がひしひし。

 そして伝統的にファイトスタイルが噛みあうこのゲーム。

 1st.でのキンチョウこけら落としの際も、撃ち合いの結果スコアレスドローという壮絶な戦い。

 このゲームも期待が膨らむ。

 前半は立ち上がりセレッソペースで入った。

 前節から好調の両サイドが引き続きいい感じ。

 だがシュートまで持っていけない展開が続くと効果的なカウンターを繰り出されて連続CKを与えるなど試合の流れは徐々に川崎へ傾く。

 先日J1で100ゴールを達成し(J2でも70ゴールだっけ? 結構上げてるはずだが……)波にのるジュニーニョやVJを中心に小気味良いパスワークで迫ってくる。

 小宮山にサイド2人ぶち抜かれたときは色々覚悟したけど大きく枠を外すシュートに安堵。

 更にジンヒョンが少し不安定な飛び出しを繰り返したりしてハラハラの連続。

 しかしこちらも絶好調、モニと大海は彼らにぴったりと張り付き自由を奪う。

 キンチョウの時も書いたけどモニとジュニのマッチアップって最高に面白いね。醍醐味が詰まってるわ。

 劣勢の中で前半が終了。

 後半、小豆は思い切った策を取る。イエローが関係したのだろうがアマラウを下げて塁。

 アキさんを一列下げて4-4-2のスタイルにスイッチ。

 そしてこの策はわずか10分で実った。

 塁がポスト役になったりサイドへ流れたりとリズムを変えると川崎のサイドでの守備が若干手薄になってきた。

 そこへマルチネスのサイドチェンジ、右でフリーのシャケに渡ると、中へ入っていく塁へピンポイントアーリークロス

 これを見事なヘッドでのすらしでファーのサイドネットへ突き刺す先制弾。

 塁が頭で取った! と少し驚きもあったりw でもまあヘッドも下手ではないからなあ。

 攻勢を強める川崎。しかしアキさんが下がって球を捌くことによって効果的なカウンターが繰り出される。

 2点目が欲しい、それがあればいける。

 そしてアドのスーパーゴールが生まれるわけだが、その前のプレーが凄かったのでそこから。

 川崎のカウンターを食らったシーン、(確か)モニがハーフウェイラインを超えたところまで出ていて、懸命のディレイをかけるもパスを出される。

 そこで残っていた大海の全力疾走。ジュニだったかVJに触られる前にタッチラインへ蹴り出した。

 あれは生で見るととんでもなく凄いプレーだなと実感。鳥肌モノのDFは今季何度見たことか……。

 そのスローインから大ピンチ、PA付近からシュートを放たれる。

 密集の中を飛んできたにもかかわらずジンヒョンがスーパーセーブ。

 更に零れた球を拾われてクロスを上げられるも中で冷静にクリア。

 このクリアボールをアドリアーノが上手く体を入れ替えてキープ。

 すぐさま反転したアドリアーノが駆け上がる。Jでもトップクラスの快速VJが追いすがってくる。

 そのVJと体をぶつけ合い勝利するとそのまま独走。

 PA内でカットイン、キックフェイントを織り交ぜて川崎DFをなぎ倒すと相澤の手の届かない場所へ左足で蹴り込んだ。

 間違いなく今節ベストゴールに選ばれるであろうw 爆裂ゴール。

 ゴール裏に駆け寄るアド。エンブレムキスからお辞儀パフォーマンス。

 駆け下りようと思ったが今思うとあまりに神々しくて近寄れなかったのかもww

 ジュニーニョにこんなゴール決められるパターンの奴や! と思ってたがまさかこっちがヤルとは。

 バーサクモードに入る川崎。ほんとうに怖い。

 パスミス、カットされてからの連続攻撃で1点を返されてしまう。これは猛省すべし。

 ただ1点を守りきって長い長いロスタイム(予想通りの5分)を過ごすと歓喜爆発。

 優勝したかのような気持ちが湧き上がるw

 

 J'sのこの写真でうっすらと涙と書かれているけど、多分全員そうだったんじゃなかろうか。

 俺ももう、終わったあとは何度も雄叫びを上げてたしコンタクトじゃなかったら涙が零れていただろう←相変わらず涙交換がうまく行ってない模様w

 帰ってビデオ見たら茂庭が終わったあと何度もガッツポーズしてた。

 そして挨拶に来る時も何度も何度もガッツポーズ。それ見たら涙腺崩壊寸前まで。

 この試合見に来て本当によかったなあと。

 このまま残り試合見ないで終えたほうが幸せになれそうなw

 と言ってられない。

 ビートザ神奈川シリーズラストはJ2降格が決まってる湘南。

 貴重な関東アウェイ、しかも俺の準ホームが……。

 守備崩壊が激しくどうでもいい場所に2人いるのに大事な場所に誰もいないというちぐはぐなプレーで失点を重ねてきた湘南。

 しかし降格が決定したあとのここ2試合はその守備が随分持ち直している。

 得点力は同じく降格の決定した京都、こちらは残留決定した山形より上。

 ホーム最終戦を勝利で飾るために必死に来ることだろう。

 ただ冷静に考えて鬼門で苦手な相手ではあるが、今の状況的にもこちらの方が上だ。

 この川崎戦のハートで戦えれば勝ち以外の結果は出ないだろうと思わせる。

 しかしながら気が抜けたりここぞというときに勝てない悪しき伝統があるのも事実。

 ACL出場はそういうものからの脱却という意味も持つ。

 きっちり倒して最終節へ、天命を待ちたい。

緩めるな、俺達の強さを存分に見せてやれ。

今日の観戦:生

 生でこのレベルの試合見れると本当に幸せになれるよね。

 勝ったから尚更。

 んでもね……。等々力改修の署名ってやってるんだっけ? 是非署名させてもらいますよ。

 あの緩傾斜は厳しい……手前のバーで向こうのタッチライン際が全く見えないんだもん。

 陣取った位置も悪いんだろうけど。

 キンチョウでも同じような気持ちかと思いますがこちらは改修計画が御座います。

 何卒お待ちください。ぺこぺこ。

 フ○キラー買えば良いのか?

 あとザック来てたのね……一平くんしか見なかったww

 Beat the Kanagawasタオル、俺しか持ってなかった予感……w