マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第33節 湘南ベルマーレvsセレッソ大阪

平塚競技場 2010/11/28 13:00キックオフ

天候 風がなければ暑ささえ感じる

セレッソ4-0湘南

得点:丸橋、アマラウマルチネスオウンゴール

 またJAGSベストゴール候補

 アドリアーノ

 清武 乾 家長

 マルチネス アマラウ

丸橋 上本 茂庭 酒本

   キム

ベンチ:松井、藤本、石神、羽田(→マルチネス)、小松(→アドリアーノ)、播戸、永井(→家長)

 というかベストゴールに選ばれました。

 試合はあんまり書くことがないなあ。

 あっという間に終わったし。

 それはイコールセレッソの時間のみだったということでもあるけど。

 前半の湘南はタイトなディフェンスも見えたし、狙いがぶれずにカウンターチャンスを虎視眈々と狙ってた。

 ただ全く攻撃に繋ぐことが出来ない。

 こちらも持ち味のタイトなディフェンスが出てたし、何時もより高い位置に両センターバックが行ってた。

 早めにカウンター潰す作戦だったのだろうか。

 裏に出てもジンヒョンが良い飛び出しで潰した。

 ただ前半0-0で折り返し、攻めても攻めても以下略な展開かと思ったら丸のスーパーミドル。

 CKのこぼれを拾ってフリーの丸へ、1トラップ入れて思いっきり蹴り込んだ。

 バックスタンド側のゴール裏からは誰が蹴ったか分からなかった。

 ただナイスチャレンジ位にしか思わなかったシュートがGKの手前で気持ち悪い動きをw

 あれは野澤テラカワイソス。

 ネットに刺さった瞬間、カッコよくw振り返ると見えた28の背番号。

 ヒーローインタビュー、そしてNHKサンデースポーツでもインタビューが流れる。

 ザック来てたしこれはもしかしたらアジアカップあるで。

 そして湘南の守備が瓦解。

 悪い時のチームにはありがちなんだけど、あんな事故みたいなゴールで下向く必要は0なんだけど……。

 野澤にはアンラッキーなアマラウのFK、オウンゴール(阪ちゃん……)もあり。

 サイドからショートに繋いでフリーのマルチネスが狙いすましたシュートを決めたのはこれまたゴラッソ。

 ぴょんぴょん飛んで喜ぶマルチネスって見たことないから不思議な気分。

 ただマルチネス本人もそんな風に喜んだことがないのか、ややぎこちないw

 それほど個人としてもチームとしてもイメージ通りに入ったゴールなんだろう。

 見てるこっちもスカッとした。

 これで4位以内確定。2,3位とは勝ち点1差。

 年間過去最高順位更新と共にACL出場権も指先に触れている。

 上がやらかすのを待つだけだが、去年もやらかしたのにこっちもやらかしたからなあw

 まあ実はこの4位以内確定も試合中や試合後しばらく気づかなくて。

 あ、そういえばそうなんだみたいな。

 これくらいの気持ちで最終戦「勝つ」だけ目指していくのが良いかも。

 でも試合中鹿島vs京都を携帯でこっそり見たのは内緒だw

 最終節相手はナビスコカップ覇者、ジュビロ

 前回はライフ0になるまでボコボコにしたんだが、夏以降の復調が著しくカップウイナーにまでなる始末。

 油断するどころの話ではない。

 ただ俺達もこの湘南戦、鬼門だの不得手な相手だのを打ち破ってきた。

 あとは「最終節でやらかす」のを打ち破れば結果が見えてくると思う。

 上の2つは両方アウェーで曲者だし、これは本気で狙わないと。

得点王、代表の前田を打ち破ればモニ、大海の代表もあるで←色気出しすぎではないか。

今日の観戦:生

 謝っておくとセレモニーに被ってごめんなさい。

 丸もトラメガ持ちながら慌ててたし。

 田村選手お疲れ様。

 向こうのサポのコールに合わせて手拍子してたら、同じ思いだった人も多かったみたいでこっちのゴール裏にも手拍子が広がったのは良かったかなあと。

 6年かぁ。シャケはそれよりうちにいるって思うとやっぱ体資本は難しいよね……。

 そして反町さん、是非湘南でリベンジを。

 選手の皆さんがセレッソゴール裏にも挨拶していってくれました。ボールまで投げ込んでくれてw

 てかモリシの時もやっぱ愛媛の皆さんの前に行くべきだったよなあ……。

 キングベルに首は大丈夫か(以前取れry)と声をかけていると首を押さえて大丈夫アピールしてたw

 ザックにヒロミ、解説にはヤスとなかなかカオスな人が集まった競技場だった。

 799インチビジョン、あれはすげえや。下から見てもめちゃくちゃ綺麗なのがわかる(角度がアレなので荒れて見えるのは仕方ないけど)

 次からパブリックビューイングは競技場でやるんだろうなぁ。

 しかしBeat the Kanagawas3連勝とは……。