マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

地上デジタル化

 嫁の実家のデジタル化のお手伝いをしてきた。

 ひとつの理由にアナログ見てる人はわかると思うが、今アナログは画面が16:9の上下カットになってる。

 そして上部にはアナログと表示されていて、下部には「7月に地デジが終わります」「対策はお早めに」と延々繰り返し出てくる。

 字幕と一緒でそう言うのが出てきたら読んじゃう。

 結局それに嫁が切れて下部の黒いカット部分を銀色のガムテープで塞ぐという暴挙に出たw

 おじいちゃんおばあちゃんしか住んでないからなるべく手間のない方法でと考えてケーブルTV引くことも考えた。

 けど逆にSTB=リモコンも増えたりなんやと面倒なことになるのは嫌だと。

 幸い強電波地区(送信所のアンテナが見える)のでまあアンテナ立てるかな。

 屋根の上に立てるのは見栄えが嫌だということだが。

 共聴アンテナなのでUHF電波がどこまで受信できているか分からない。

 まず電波チェッカー代わりに安い地デジチューナーをゲット。

 電波チェッカー3000円、チューナー4000円だったら後者買うだろJK。

 これがあればテレビ買い換えても今後ブラウン管が利用できるし。

 そしたらまあなんとガッツリ地デジ受信出来てる。

 屋根裏見たときにV/Uブースターが付いてたからイケるかなと思ってたのでこれ幸い。

 でも地デジ化とともにこの共聴アンテナ倒すらしいので(そんなバカなと思うんだがおじいちゃんはそう言って譲らないので)その時にはアンテナ付けましょう、と。

 となるとこのしょぼチューナー+29型TVでなくハイビジョンでデカく見たいっすね。

 俺が住んでたときに(セレッソの降格試合を見るために……)取り付けたBSアンテナもあるのでやっぱテレビ買い換えましょうか。

 と。

 吟味して三菱のテレビをチョイス。

 しかしおばあちゃんは「え?三菱なの?」と乗り気でない。

 バイデザインなら分かるんだが←ウチのだ→国産メーカーで映像と音を考えると最もコストパフォーマンスが高いという結論に達したのだ。

 こっちで買わないなら俺が欲しい。

 しかも通販は不安だということで実機が置いてあるモノ限定となる。

 ちょうどヨドバシアウトレット京急川崎に実機があったので等々力に行くついでに一緒に来て見てもらう。

 いやあ、しかしまあ「エコポイントが終わる」ってのは物凄い宣伝文句だったね。

 アウトレットとして置いてあるテレビが飛ぶように売れる。

 60型テレビが売れるの初めて見た……。

 更に若いカップルが腕組みして店員と話してる。その後方には中年夫婦と別の店員。

「どうします? ここはアウトレットなんで早い者勝ちです。買わないのであれば後ろのお客様が買うということになりますが……?」

 若いカップルは踏ん切りがつかずにステイ。すると後ろの夫婦はあっさりこれ包んで、と買っていく。

 テレビなんてこんな風に売れていくもんじゃないだろ、と思うのだがw 商品が運びだされてどんどん閑散としていく売り場。

 実は俺達の三菱も52型が欲しかったのだが2日前に偵察したときはあったのにこの日既に売り切れてた。

 まあそんなにデカイのはいらないということだったしハイビジョンの恩恵を一番受けるのは46~47というのは定説でもあったので2万安い46型を見る。

 やはり他のブランドに目移りするようだが……。何とか納得してもらって無事購入。

 でも「スピーカー内蔵のAVボードを買わなきゃ」と言い出すのでこれはそんなの買わなくても良い音が出る奴を選びましたよと説明。

 普通のボードで十分です、と。更に後日ニトリにて購入。今薄型テレビ用コーナーTV台なんてあるのね……。

 今までのTVに付けてあったビデオデッキやDVDプレイヤー、Wiiはそんなモノは新しいテレビには繋げられないとばかりに駆逐されたが、BSデジタルも無事に繋いで何とか格好は付いた。

 今回痛感したこと。

 これは政府の陰謀だなw

 あれもこれも買わなきゃいけない、工事しなきゃいけないと思わせる作戦だ。

 デジタルって付くだけで小難しいし。

 年寄りに「デジタル洗濯機」とか売りつけたら怖くて絶対使わないと思うよw

 最初に書いた通りアナログ放送の下部に地デジはお早めに、と出てるんだが「直前だと工事が間に合わない場合があります」とキタもんだ。

 実際工事しなきゃいけないと思ってる人も多いし嫁の実家もそうだった。

 だからCATVという選択肢もあったわけだが実際はアンテナさえ立てずにどうにかなったわけで。

 元からUHFアンテナが立ってる家は勿論変更する必要はないけど、そんな知識そうそう持ってないわけだし。

 アンテナ線を纏める為にホームセンターで買い物してたら様々な「地デジ用部品」が並んでるし「工事には資格が必要です」とも書いてある。

 棚の前でブツブツ言いながら商品選んでる爺さんが不憫だわ……。

「……ウチにBSアンテナ立てたんですけど、映らないんですよ」

 え? もしかして俺に言ってる? きょ、極力無視。

「でね、家を立てたところに聞くと『分配器』ってのが必要らしいんですよ」

 シランワイヤ。

「……」

 ……。

 あー、もう。じーさん、それ必要なの分配器ちゃう、「分波器」や。

 じーさん地デジとBSアンテナは壁の中でがっちゃんこしてるんやな?

 そしたらそれをテレビの手前でもっかい地デジとBSに分けてやる必要があるんや。それが分波器や。

 だからこっち。

 とじーさんの手にある分配器を分波器と変えてやる。

「そうですか! ありがとうございます。で、テレビがこんなふうになっててこれが付いてたアンテナ線で……」

 とセカンドバッグからテレビの説明書とアンテナ線の実物が出てくる。

 世話焼くとこうなるから嫌いだ……。

んでこのじーさん、無事にBS見れたのかと心配になるのも嫌だっての。見てたら連絡下さい。