読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第1節 ガンバ大阪vsセレッソ大阪

万博記念競技場 2011/03/05 14:00キックオフ

天候 開幕日和

セレッソ1-2吹田

得点:倉田

 お礼参りは

  ピンパォン

ボギョン 乾  倉田

 マルチ 中後

丸橋 上本 茂庭 高橋大

  ジンヒョン

ベンチ:松井、藤本、尾亦、酒本、清武(→中後)、播戸(→乾)、永井

 デフォルト仕様。

 待ちに待った開幕。

 ただACLの内容では苦戦は必至。

 どの程度修正されているかと思ったが。

 正直それ程でもなかった。

 守備は相変わらず良かったのだが前がどうにも停滞。

 攻撃のスピード感は全くない。

 それぞれの試行錯誤は目に見えるんだが。

 アドにボールが渡った時。

 昨年のあのワクワク感はそのままドキドキに変わった。

 そうだよな、このスピード感があったんだよなぁ、と思ったり。

 こっちも大海とモニが必死に止めるんだが。

 失点はサイドの守備が危ういので一番心配していた、モニがサイドにつり出されるシーン。

 こうなるとクロスが入らないことを祈るしか無いのだが、まんまと上がったクロスにアド。

 一瞬フリーになった(モニが出てるんでしょうがないんだが)とこに大海が体をぶつけたが駄目だった。

 前半PKストップしたので「こういうプレーが出たときに勝ちたい(Byペリエ師匠)」のだが……。

 中後を下げてキヨを投入、倉田をボランチまで下げて攻撃的に。

 これが直ぐに功を奏して、マイナスに出したボールを走りこんだ倉田がゲット。

 同点となりヒートアップする会場、選手たち。

 でもここで落ち着けるかどうかが分かれ目だった気がする。

 蒼黒のガチャピンこと遠藤が憎らしい動きをしていた。

 この状況、更には自身のPK失敗もあるはずなのにこの落ち着きはなんだと。

 百戦錬磨の敵ボランチは徐々に徐々にセレッソ陣を侵食してきた。

 攻撃にかける人数が増えてきている、中盤の穴、サイドの穴を的確に崩している。

 味方に当たる不運ではあったがこのガチャピンに決勝弾を奪われたのは必然だったかもしれない。

 開幕、そしてダービーマッチはまたしても敗戦という結果で終わることになった。

 全体的によくやってたほうだと思う。

 勝負どころでの力のかけ方や前線のコンビネーション、ボランチの再考は必要かなと感じるが。

 今でてる選手が良化するにせよ連携はもう少しかかる。

 しかし翌日のSULで吹田のサテを6-1で下したサテライトのメンツも元気一杯。

 今年も修正の良いサイクルが回ることが期待できる。

 次戦は不敗の続くキンチョウ、そして昇格組の柏が相手。

 すれ違い続けて5年、ようやく今年再会したね……w

 餅ダービーゲーフラ、もうどこへやったのやら。

 ブッチギリでJ2優勝し、開幕でも3-0と清水を一蹴。

 昇格チームとて侮れない。

 もちろん侮ってなどないと思うし全力で行けば大丈夫。

 こちらも昨年J1の3位のプライドがあるのだ(例え選手が入れ替わってようともな)

 そこいらをもう一度胸に刻んでいこう。

大丈夫、俺らも強いよ。多分。

今日の観戦:TV(J-SPORTS)

 開幕だねえ。

 ダービーは結果こそ全て。

 ブーイングはあってもやむなし。それはもちろん。

 でも旗の先端を向けたり太鼓を選手に向かって打ち鳴らしたりするんはどうやろ?

 それは応援道具ちゃうんかな。

 応援道具そんな風に使って良いのかな。