読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011ACL第6節 セレッソ大阪vs山東魯能

大阪長居スタジアム 2011/05/10 19:00キックオフ

天候 ザーザー降り

セレッソ4-0山東

得点:ピンパォン、清武、乾、倉田

 見えたか。

 ピンパォン 小松

 清武    乾

 ボギョン 中後

丸橋 上本 茂庭 高橋大

  ジンヒョン

ベンチ:松井、藤本、酒本、尾亦、倉田(→パォン)、山口(→中後)、永井(→小松)

 0トップの極み。

 山東の監督がぶち切れる程には相手が本気でなかったことは否めないがw

 ただ本当に良くボールが回る。

 そして塁を投入して形式上の4-4-2、実際の4-6-0は可能性を示した。

 特にパォンが下がったり塁がサイドに開いても、必ず残りのどちらか、あるいは2列目の乾やキヨが最前線に行くことが出来たので攻撃停滞が起きなかった。

 更にバイタルエリアのケア、縦に出来がちなスペースをボランチが上手く埋めることができた。

 ボギョンは豊富な運動量でそのミッションをこなしていたが、違う言い方をすればこれくらいのスペースがあった方が活きるということかも知れない。

 また今までより若干低い位置に居たサイドバック二人がメリハリの効いたプレーが出来る。

 そのサイドバック、パォンのシュートをGKが弾き、丸が詰めて放ったシュートがまたもGKに弾かれるもパォンの頭に当たって(でいいはずw)先制点。

 単発で終わっていた今までの攻撃が波状化できていた。

 圧巻の2点目。

 中央の守備からサイドに開いたパォンへ、中央へのクロスを塁が頭で折り返し、2列目のキヨが見事なトラップ(フェイント付き)から綺麗な弾道を突き刺す。

 また3点目、だっさいゴールw(という割にちゃんと喜んでる)のような不足の零れにも詰められる。

 個人的に4点目。相手が一人少なかったとはいえ、螢のカットからあがり、最前線で倉田へヒールで繋いだシーンはしびれた。

 前にも書いたがあそこで螢の持ち味がパーフェクトに出たなあと。

 ただ2,3回、ショルダーで同じようにぶっ飛ばされてたシーンは要修行かな。

 体は出来てきたように思うし、当たり方や「体幹」ってやつなんだろうか。

 最後は龍に取らせようというスタジアム一体の雰囲気w

 ゴールはなかったがまあ焦らずとも良いよ。

 ポストプレーなんかは見違えるほど上手くなったし、現状オプションとしては十分ありと思える。

 怪我が癒えたバンさんと本格的な争いも待っているだろうけども。

 さてこれでなんとACLはR16へ進出。

 記念受験と正直思っていたがw

 しかしその場所が天津か万博とはなあ……。

 遠いな、どっちもw

 まあ正直天津の方がやり易い。

 完全に苦手意識あるからね。やるならもっと上で当たりたい。

 週末のレッズ戦でこの試合のような出来であれば恐るるに足りんのだが。

 まだこの体系で1試合だからなあ。

 ACLは茂庭停止だし。

小豆の10試合は試験だということがはっきりした試合でした。

今日の観戦:テレ朝CH(再放送)

 結果知っていながらも楽しめるくらいでした。

 てかよお、AFCは中国チームに対して何らかの制裁を。

 茂庭のイエローに苦言を呈されているがあれで切れなきゃキャプテンじゃないよ。

 悪意の塊じゃん。