読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第18節 アルビレックス新潟vsセレッソ大阪

セレッソ観戦記

東北電力ビッグスワンスタジアム 2011/06/25 19:00キックオフ

天候 時折雨で涼しいらしい

セレッソ1-1新潟

得点:酒本

 シャケのスーパーゴールだけでも

ピンパォン 永井

 乾 倉田

 黒木 中後

丸橋 藤本 茂庭 高橋大

 ジンヒョン

サブ:松井、高橋祐、酒本(→高橋大)、尾亦、村田、播戸(→永井)、小松(→黒木)

 お土産にどうぞ。

 いきなりシャケのこと書くけど、ミスターという感じではないのにセレッソに欠かせない選手になってる。

 なんつうか、主だなヌシ。セレッソの。

「魚紳さん、なんでこの池にシャケがいるんだっペ?」

「ふふふ、三平くん。あれこそがこの桜池のヌシなんだよ」

「うっひょーー!!」

 まあそれは置いといて。

 実に26本のシュートの最後だけ入るという地味に嫌な展開。

 相手のゴールは大輔の股をくぐってジンヒョンの手とポストのボール一個分の隙間を抜けるゴールだっただけに虚しさもひとしお。

 でも改めて思うに、精度の問題があると改めて思う。

 それはシュートの精度だけでない。

 そこへ至るラストパス、繋ぎの展開など。

 ここらもちょいちょいズレてると感じる。

 交代で入った播戸は動き出しが早すぎて何度も何度もオフサイドにかかる。

 これでは簡単に前へも蹴れないので勘弁して欲しい。

 リードした展開で相手が前がかりになっていた甲府戦とは違うんだから……。

 龍もDF吹き飛ばしてGKかわしてゴールならずは痛かった。

 ただ久しぶりに「セレッソのトップを張る選手」という感じが強いだけに諦めずに続けたい。

 ただ次節はマルちゃん、ボギョンが復帰。

 乾も移籍までは間があると思われ(ここはまあ新聞報道だけで踊る事はないと思うので)

 1トップ3シャドウ(違和感あるけどな)に戻るはず。

 まあ1トップなら確実に龍の方が良いんだが小豆は頑固だから。

 0トップ完成するまで色々やんでしょ。

 ということで次節は首位柏。

 待ちに待った餅ダービーだが、立場は少し離れてしまったように思う。

 同期の柏、そしてお互いJ1昇格後に上位に君臨して首位決戦……となればよかったのに。

 まあ胸を借りましょう。

無駄打ちしないで耐えるのも手かと。

今日の観戦:スカパー

 アルビレックス新潟、の発音が気になったが広報の人もそう言ってたので正しいのかなと。

 仕事がこんなに忙しくなければなあ。

 JYCと8月の4試合までしばしテレビ観戦。