読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第6節 セレッソ大阪vs清水エスパルス

セレッソ観戦記

大阪長居スタジアム 2011/07/23 19:00キックオフ

天候 晴れてるんでしょう

セレッソ4-0清水

得点:ボギョン×2、倉田(PK)、乾

 ふむ。

  小松

乾 ボギョン 倉田

 マルチ 中後

高橋大 上本 茂庭 酒本

 ジンヒョン

サブ:松井、扇原、藤本、山口(→酒本)、丸橋(→高橋大)、永井、杉本(→倉田)

 なかなかよろし。

 勿論マルチネスが入って球捌きが良くなったことも原因だとは思うけど。

 それ以上に全員が良く走ったなという印象。

 パォンよりは1TOP向きと思われる塁が縦への推進力を高めてくれた。

 相変わらず良い所で決められないがw

 大輔が今日になって頬骨の骨折により全治3ヶ月と発表。

 ここで奮起するのは……。左サイドバックのあの男。

 この試合で右利きの選手を無理やり当てはめてまでスタメンを剥奪された、その意味を理解すれば一皮剥けているだろう。

 逆に楽しみだ。

 そして乾。

 じっくり見たのは後半からだが、最後のゴールを含めてビックリするほど走ったし、仕掛けまくっていた。

 これは心中秘する思いがあるのだなあ、と勘ぐり。

 ボギョンが決めたときは自分に回して欲しそうだったし、決めた後はかなりホッとしたガッツポーズを見せた。

 きっと旅立つんだろう。(パォンの事で何か思うところもあったのかも知れないが)

 その話はまあ正式に出たらということで。

 さて、良い状態のチームはかなり強いということを見せてくれたこの試合。

 次は更に正念場、絶不調の鹿島。

 絶不調+ここ数年長居で負けたことのない+中3日の相手。

 ウチがこけるのは間違い無くこういう試合w

 相手もそうだが「いい時(小豆が言うとこのノーマルな状態)」を出しきれるか、継続できるかが問題。

 今年は特に大勝と大敗を重ねてるから。

まずは自分達。もう半分過ぎてるけどなw

今日の観戦:スカパー

 会社から戻ったらちょうど後半からJスポやってたのでそれ見た。

 けど実況が酷すぎて集中できず。

 塁なんか名前一回も合ってなかった(よりによって出てない杉本って言われたときは本当にどうしてくれようかと)

 次この人なら実況切ろう。解説も凄い困ってた。