マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第23節 横浜Fマリノスvsセレッソ大阪

ニッパツ三ツ沢球技場 2011/08/23 19:30キックオフ

天候 三ツ沢ウェザー=健勇ウェザー

セレッソ1-2横浜

得点:杉本

 これでは厳しい。

  播戸

清武 ファビロペ 倉田

 扇原 山口

丸橋 上本 茂庭 酒本

 ジンヒョン

サブ:松井、尾亦、高橋祐、中後、黒木、村田(→清武)、杉本(→山口)

 色々怪しい。

 いや、後半は盛り返したなと。

 でも前半が久々にブーイングしたくなる出来で。

 しないけどね。あんまり意味が無いと思ってるので。

 終わってぶーって言える元気残ってたら試合中にもっと戦うし、コールしたほうが選手にも伝わると思うので。

 後半良かったのも向こうは俊さんが退いたから(あれはモニのクリアが当たったのかな。少なくとも足が当たった感じではなかったけど)つうのもあるけど。

 ほんとW杯以外では日本トップクラスだ……。

 でも両サイドが労を惜しまない動きをしたのも事実。

 何故最初からそれができない? 生意気にもペース配分とか考えてるんじゃないだろうね。

 んでも健勇ゴール等、色々と良くなる兆しはあるわけで。

 健勇、あの軸のぶれないシュートは良かった。

 重松がなければ今節ベスト狙えたなあ。

 あとタカ、問題点(縦のボールがもっと欲しかった)を自分で分かってるし。

 シャケは尻に火が点いたって今更かよ……。

 まあ良くなるというか、このチームのポテンシャルが上がるチャンスというか。

 凄い可能性秘めてるチームだよ、若いし。

 その片鱗を見せつつも、結果が出てない。

 結果つうのは過程の先にあるもので、その過程を疎かにしては当然出ないし。

 ここを締め直すことが必要なんだと思うんですよ。

 ミスを減らす、プレーの質を上げる……(あの糞パス無くすだけでだいぶ違う)。

 勿論プラマイを小豆は考える。

 そうしてチームが成長できるはず。

 今期残留を成し遂げたらきっと見えてくるものがある。

 次節は小山田さんと王子柏木を欠くレッズ。

 ホームではソコソコ相性も良いし勝ち点3を奪いたい。

でも正直、勝ち点3を奪うための何かを先に手にしたいところ。厳しい。

今日の観戦:生

 今日のお笑いシーン。

 モニが相手を背負ってライン際の攻防。

 ライン割る瞬間、早く出したくてボール吹いてたw

 私的に夏休み3連戦、1分2敗と散々。

 でもタカの先発ビュー、健勇のゴール、播戸のハットと見どころは多かった。

 螢と丸も出るし、5割増視線としては目の保養になりました。

 しかも全部球技専用スタ。

 堪能したなあと思います。

 川崎入れりゃまあさほど悪くない結果なのか……?

 いや騙されてるなw