マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第31節 名古屋グランパスvsセレッソ大阪

豊田スタジアム 2011/11/03 14:00キックオフ

天候 ヤマハからトヨタへ。

セレッソ1-3名古屋

得点:小松(PK)

 悪くないが

   小松

清武 ファビロペ 倉田

 マルチ 扇原

丸橋 上本 茂庭 酒本

 ジンヒョン

サブ:松井、藤本、尾亦、山口(→酒本)、大竹(→ファビロペ)、永井、杉本(→マルチネス

 全くの完敗。

 警戒してたセットプレーから2発、ミスで1発。

 我慢の展開を強いられると思っていたし、それで我慢しきれなかったことには腹が立つけどもね。

 J'sのコメントを見てると、名古屋はフルボッコにした、うちはフルボッコになったと言っててその通りの試合。

 でも運び方によって結果は多少変えられたんじゃないかな、と思う。

 反面、マルチネスを下げたこと、そしてその時のマルチネスが「全くもって信じられない!」というリアクションをとったことで、このゲームの意味合いは勝つことではなくなったんじゃないかな、とも。

 しかも健勇だったし。失敗に終わったツインタワー()をまたやんのかなあと。

 んでこれだけは言っておかないとと思うのだけど、前回のレポで「大竹は途中で入ってきてミスが殆ど無い」と書いたけど健勇は全くの逆。

 残念だけど途中出場であれだけミスってしまうと、劣勢のチームとしては苦しくなる一方だ。

 そういう点も含めて、成長してもらいたい。

 唯一の得点シーンは名古屋の選手が誰も抗議しない、完璧なPKだった。

 倒したハユマが「せめて外……」みたいにラインの外を指さしてたけど。

 闘莉王も「あれは何の矛盾もないPK。ナイスジャッジ」と言うほどw

 んで仙台戦に続き塁がきっちり決める。

 歴代キッカーの中でバロン、ジェルマーノに勝るとも劣らない上手さだと俺は思う。

 まあ見所はこれだけだったかな……。

 繰り返しになるけど、悪くなかったのに全くの完敗を喫する。

 いつもの名古屋戦でごめんなさいって感じだ。

 シャケが攣っただけならいいけど、珍しく途中交代。

 もも裏を抑えていただけに心配だけど、代わりに螢が右サイドバック

 次シャケが出ないなら螢だろうな……。中2の時に見た右サイド深くからのシュータリングを見せてくれw

 さて「成長」なんて言いながら12敗もしてる我々。

 ただついに残留を99.999%手中に収めた。

 甲府が全て夢スコで勝ち、ウチが全て夢スコで負けても残留は確定する。

 無論甲府が1敗でもすれば確定。

 となると残り3つ。

 この試合の采配を見る限り、天皇杯より来季かな、と思ってる。

 リーグは3試合、神戸、柏、福岡。

 何とかその来季に明るい材料を持ち込みたい。

毎年ストーブリーグは溜息の連続ですけどね。

今日の観戦:スカパー

 なんか安心して見られる実況と解説でしたね。

 磯村のスライディングに解説の人が激怒してた。

「本来ならイエローだしあんな所でスライディングに行く必要がない」

 セレッソの良いところ、名古屋の良いところを褒め、悪いところを指摘する。

 長谷川も見習え。いやホントマジで。