読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2011J1第34節 セレッソ大阪vsアビスパ福岡

セレッソ観戦記

キンチョウスタジアム 2011/12/03 15:30キックオフ

天候 最終節っぽい天気

セレッソ7-1福岡

得点:藤本、清武、ボギョン、倉田×2(1PK)、杉本、村田

 最後はお祭り。

   杉本

倉田 清武 ボギョン

  扇原 山口

丸橋 上本 茂庭 藤本

 ジンヒョン

サブ:松井、ソンギ、高橋祐、黒木(→扇原)、村田(→杉本)、ファビロペ、播戸(→杉本)

 ワッショイワッショイ。

 コウタのスーパーミドルシュート

 キヨのベストゴール、5人のDFなんてものともしないで突破したドリシュー。

 ボギョンの見事なトラップから相手をあざ笑うようにかわしたシュート。

 クラシューの見事な切り返しを手で止められてPK。

 スルーパスに綺麗に抜けだしたクラシューがこの日2点目。

 ユースホットライン、タカのパスに抜け出した健勇が久々のゴール。

 締めはスーパーサイヤ人、村田のスピードが活きたプロ初ゴール。

 まあこの試合はこういう箇条書きでOKでしょう。

 後半は書いた通り、前に来た福岡DFの裏取り放題だったし。

 ユース卒の先発が4人、しかもダブルボランチとか胸熱。

 来季に繋げる「小豆子供達」の成長に目を細めるばかり。

 覚えてる限りJ2時代も含めて最多となる7得点。

 播戸が本調子ならあの不名誉な9-1を塗り替えることが出来たのに……。

 いや別に不調だったわけじゃないだろうけどw

 リーグ戦終了。

 なんと12位でギリギリ残留した筈なのに、総得点数リーグ2位タイ。

 得失点差は実に4位タイ。

 如何に「無駄にしたゲーム」が多かったかということ。

 これは反省材料ですよ。小豆はインタビューでポジティブに語ってますけどw

 まあ俺も嫌いじゃないけどね、こういうネタww

 良いイメージで天皇杯へ挑めるのはいい事でしょう。

でも心のどこかで、それはとてもおまけチックに感じている今日この頃。

今日の観戦:スカパー

 ハイライトのみ。まだ全部見てないです。

 個人的に、今年は不完全燃焼というほども出来てないというのが本音ですが。

 ただちょっと、ヤマハの磐田戦、日立台での柏戦で思うとこがありました。

 チームにタイトルを獲らせたい。その気持ち。

 そして日本一のサポーターと呼ばれたい。という気持ち。

 まだまだ足んないし、すり合わせが必要だと思うことが多いです。

 キンチョウでほとんど勝てなかったこと、結構悲しい事だと思うんですよね。