マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

補強整理2016

出揃ったようなので
今年もここから

 

出る人
安藤(シーズン途中松本へ完全移籍)
松本ではCBとしてレギュラー出場するなどポリバレントな選手だった。
ただうちではそれが仇となったのか出場機会に乏しく……
松本に残ったようなので今季は敵だな。待ってろよ。
因みにうちに唯一あるセレッソアヒルが安藤w

フォルラン(シーズン途中退団)
別記事で書いたので。

カカウ(シーズン途中退団、未定)
テクと豊富な経験を持った、間違いなく最高レベルの助っ人。
だった筈なのにどうしてこうなった。
それでも日本は素敵な経験だったと言ってくれる、仏のカカウとはまさに。
年俸下がれば日本で見たい人はまだいると思うよ。

パブロ(恐らくレンタルバック)
上手い。でも残念ながらそれだけという印象。
もちろん周りの理解度も関係するとは思うが、ちょっと活かしきれてなかったなあ。
上手く回らないとイライラする癖とか……。実に惜しい印象。
それでも他サポの評価も高いし、もしかしたらまた日本で会えるかも。
もちろんセレッソでの再獲得含めてね。

エジミウソン(シーズン途中入団→契約満了)
明らかに太め残りのまま出場し続け、シーズン終了してしまったのがなんともなあ。
それでも刹那的に「お!?」と思わせるプレーもあり、楽しめたというとなんか変だがw
オブリガード、エジミウソン。熊谷のエアゴールを俺は忘れないだろう。
本物のゴールも覚えてるよw

マグノクルス(不明)
エジミウソンと同時加入。
デビュー戦が桜吹雪復刻ユニでのゴールというあらゆる意味でインパクトだけはあった。
上手さもあったのだけど……

山口(ハノーファー96へ完全移籍)
蛍がついに海を渡った。
なんとなくセリエAに行くのかと思ってたがw ブンデスでキヨやゴリラと同じチームなのはプラスじゃないかな。
言いたいことは山ほどあるけど、それは君が引退する時にとっておく。
だってきっとまた会えるのだから。

前川(徳島へレンタル)
おじいちゃんことパウロ・アウトゥオリが目をかけたという快速FWが徳島へレンタルの運びとなった。
セレッソU-23が出来るので戦力としてはアレなのだが、その方が成長できるという判断だろう。
更なる成長を遂げて帰っておいで。
セレッソ戦は、J2リーグ戦の徳島ホームでの試合のみ出場可能という何かとても変な契約w

岡田(未定)
長いリハビリを終えて練習復帰したと思ったらまさかの戦力外。
未だにどことも契約という報がないのが気がかりだ。
それが決まったら何か書こうかな……。

楠神(鳥栖へ完全移籍)
契約満了からの鳥栖へ。稀代のドリブラーを放出したのは痛いと思う。
後輩からも慕われ「じゅんじゅん会」なるものを結成し飯を奢ってたという部分も含めて惜しいんじゃなかろうか。
J1でまた輝いてくれ。そして開幕戦は福岡にリベンジしといてくれw

永井(長崎へ完全移籍)
深いセレッソ愛を持つ選手がついに完全移籍で流出。
U-15の時から変わらぬ姿勢、得点へのこだわり。
実にもったいないが健勇の例もある。またセレッソが獲得したいと思えるように活躍を期待。
また会う日まで!バモス龍ちゃん!

吉野(甲府へ完全移籍)
龍と同じくセレッソでは(大学時代も含めてだが……)怪我に泣かされ続けた選手。
しかし見たものを魅了する華麗なプレイからも分かる通りその才能は計り知れない。
J1からの誘いだし、更に上のステージで輝けるよう、怪我に気をつけて頑張って欲しい。

染谷(京都へ完全移籍)
古巣京都への復帰。
彼のフィードを失うのは痛いけど、かなり熱意を持って誘われたようだし仕方がない。
セレッソに来てからは降格→昇格失敗とあまりいい思い出はないかも知れない。
京都でも同じ思いをさせてやる……w 覚悟しときなさい。

その他、平野甲斐がタイのアーミーユナイテッドにレンタル延長が決まってます。
大学の後輩、松田陸に闘魂注入しておいてくれたそうなので期待。
因みに甲斐は龍ちゃんのお兄さん、シュライカー大阪の永井義文の同級生。
http://www.jufa-kansai.jp/meet/introduce/team07/biwako.html

出る人イレブンはカッツ・アイ。割愛。

 

入る人
澤上竜二(さわかみ りゅうじ)大阪体育大学より加入
大学No1フォワードの中の1人←ヲイ
13年には関西リーグ得点王+MVPを獲得。
更にそのあとインカレで優勝した、完全即戦力FW。
U-23と言わずトップチームでの活躍も見れるかも。

木本恭生(きもと やすき)福岡大学より加入
澤上とユニバ代表で銅メダルを獲得した、守備力の高いボランチとのこと。
こちらも蛍が抜けた穴を十分に埋めることのできる即戦力候補だ。
大卒で活きの良いのが入ってくるのは久しぶりだのう。

岸本 武流選手(きしもと たける)U-18より昇格
アンダー代表の常連でもある。
繊細なボールコントロールと豪快なプレー。
点取り屋の匂いがプンプン香るストライカーが昇格入団となった。

庄司 朋乃也(しょうじ ほのや)U-18より昇格
抜群の守備センスと恵まれた体格で敵の攻撃をシャットアウトするセンターバック
更に左右の足で繰り出すフィードが抜群の精度を誇り、攻撃でも期待が持てる選手。
もしかしたら早いうちにトップチームで見れるかもしれないと密かに期待している。

清原 翔平(きよはら しょうへい)ツエーゲン金沢より完全移籍加入
J2昇格初年度なのに「天敵」と化してしまった金沢。
そのエースを引き抜くとはそちも悪よのう……。
金沢躍進の立役者として質も数字も申し分ない。
JFLからの叩き上げはセレッソでは大吉だぜ。
因みにJFL時代に守山で見たことあるので余計に応援。

松田 陸(まつだ りく)FC東京より完全移籍加入
環境を変えたいとのことでFC東京より移籍してきた。
大阪出身でセレッソファンという陸なら早くに馴染んでポジション奪うかも。
前出の通りびわこ成蹊スポーツ大学卒で双子の力が名古屋所属というみんな知ってるおまけ情報を書いておく。

山村 和也(やまむら かずや)鹿島アントラーズより完全移籍加入
ロンドンオリンピック代表のキャプテン(だったよな?)がサプライズ加入。
蛍やタカ、健勇と活躍した姿は記憶に新しい。
とは言え、五輪チーム立ち上げ時に主力だった山くんは徐々にトーンダウンしていたのも確か。
J2ではあるがもう一度あの輝きを取り戻して欲しい。
……ま、まずはDFやるのかMFやるのかからかな。

ブルーノ メネゲウ 大連阿爾浜足球倶楽部より加入
ポジションFWの他はよくわからんけど、結構な選手らしい。

ソウザ クルゼイロECよりレンタル加入
蛍の後釜として期待されるボランチ。これまた結構な実績の持ち主らしい。

リカルド サントス 貴州人和より加入
これまた大型FWという他は未知数。でも結構な以下略。


そして柿谷曜一朗杉本健勇が完全移籍からの買い戻し、丸岡満ドルトムントからのレンタルバックで復帰。
色々言われることは多いかもしれないけど、ユースっ子たちの復帰には諸手を上げて喜ぶのが俺なので。
レンタルバックでは小谷が相模原、米澤が秋田、温井が鈴鹿から、それぞれ復帰しています。
セカンドチーム立ち上げのこともあるが、心機一転頑張って欲しい。

今季妄想フォーメーションはこちら

 柿谷 杉本
関口   丸岡
 扇原 山村
丸橋 山下 茂庭 田中
  ジンヒョン

外国人は未知数なのでベンチにいてもらう感じで。
まあその他の選手をどう組み合わせても昇格、優勝は間違いないといえる布陣が「今年も」揃った。
だが昨年、一昨年の失敗を考えればチームは素材だけじゃないということがわかっているはず。
特に強化部長を兼ねる大熊清監督が集めてきた選手たちと思えば「料理失敗」は今年こそ許される話ではない。
自動昇格は必達の目標である。そこをとことん踏まえてシーズンへ挑んでもらいたい。

俺たちはまた今年もひたすら声を上げるだけよ。やったるで。