マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

補強整理2017

あけおめことよろ。
そんなわけで毎年恒例補強整理からスタート。

出る人
扇原(シーズン途中名古屋→2017は横浜Mへ完全移籍)
未だに納得の行かない移籍。元代表、何よりユース育ちの生え抜き選手を完全移籍で放出したというのが。
とは言えパフォーマンスは悪かったかもしれないし龍ちゃんのように環境を変えたかったという気持ちもあったかもしれない。
あと完全移籍ならそれなりに移籍金も貰ってるだろうし…と納得の行かない理由を並べてもしゃーないか。
今年は対戦できそうなのでぜひクマ公をぎゃふんと言わせるプレーを見せて欲しい。

ブルーノメネゲウ(シーズン途中中国長春亜泰へ完全移籍)
こちらも微妙外国人衆の中では一番戦力になっていた気がするが、爆買いに合いシーズン途中から中国のチームへ移籍した。
完全個人技頼みだったチームとしては相当な痛手だったが移籍金、違約金をまあある程度は残してくれたようなので(さほどでもないらしいが)
その後もなかなかのパフォーマンスを見せていたようで。
いつの日かACLで(いつまでも中国にはおらんやろうけど)

小谷(シーズン途中熊本へレンタル→完全移籍)
小兵CBとして奮闘してくれたがセレッソではポジションを獲得するに至らず。
しかしレンタル先の熊本ではその力を買われて今シーズン完全移籍となった。
龍ちゃん、タカ、小谷というユース卒同級生が同時にいなくなる年となってしまいましたなあ…
熊本での更なる飛躍、期待してます。

ベサルト・アブドゥラヒミ(シーズン途中レンタル加入→満了)
J3で2ゴールだっけ?素材は確かだったものの攻撃陣の間に割って入れず。
POでは2試合とも玉田を差し置いてベンチ入りも出番なし。
なんかごめんな…でもまあいつの日かまた日本でプレーを。

玉田(契約満了→名古屋)
2015年のPO決勝でのゴール、そして同点被弾後交代によりコーナーフラッグ脇で終戦を迎えた印象的な写真。
願わくば2016年のPOは彼と戦いたかった。契約満了という結末があるにしても。
クマ公のそういうとこが嫌い←サラリと言い放つ
J2へ落ちた古巣名古屋を昇格へ導いてくれると思う。
再来年、長居で会おう。俺たちも絶対残ってみせる。

田代(契約満了→不明)
怪我がちなシーズンとなってしまったが復帰後のプレーは見事だった。
特に昇格POへの出場は決まっていたが味スタヴェルディ戦で見せたトラップからのシュート。そしてその後のマイクパフォーマンス。
POを勝ち抜けたのは田代のお陰だ。
チームは今決まってないようだが新天地での活躍を祈ります。
それにしても玉田田代が抜けてリカさんが残る摩訶不思議な現象が←禁句ですねこれ

北野(契約満了→不明)
恐らくコーチとしてはオファー出してると思うけど、漢(オトコと読む)北野さんは更なる成長を目指して現役でチームを探している。
クラブハウスの大掃除でチームの結束を高める手法、特にトイレはピカピカにするというのは北野さんが残した伝統として受け継いで欲しい。
いつの日かコーチになる日が来たらセレッソでお願いします。
まさか本気で和尚になるつもりはないと思いますが…その時にも応援させて頂きますw
余談だが2006年に移籍してきた名波がロッカーが汚いって激怒したのを思い出した。
マンガが散らばっててこれがプロのロッカールームかっていってたがそのマンガは多分アキ西澤が(ry

中澤(契約満了→引退)
怪我に泣かされた2年だったという感じ。
まあ加入前はあれこれあったのでアレな人もいたけどもw
セレッソのエンブレムを付けた仲間は今後も応援していくよ。
まずはいいチームに会えることを祈っています。

→追記:引退して隣のフロント入りすることが発表されました。お疲れ様。

橋本(シーズン途中長野レンタル→2017は東京ヴェルディへ完全移籍)
サッカーを知り尽くしたと言わんばかりのプレーが印象的だった。
中盤の厚い選手層の中でも見劣りしない選手ではあったのだけど、ポジション確保までは至らず。
若手に影響を与えてくれるベテランというのは本当にありがたい存在なのだけど、J2チームへ請われるのであればそりゃ選手としては移籍を決断するよな。
もう一花どころではない、橋本の真骨頂をヴェルディで見せてくれ。

武田(東京ヴェルディへレンタル移籍)
北野と同じく後方から若手を支えまくってくれてた兄貴がJ2へ移籍。
今年からできたセカンドチームではコーチングというよりは完全に指導だった。
特にDF陣に対するそれは的確かつ熱かった。
是非ヴェルディではポジションを掴んで欲しい。
うちに来る前は躍進した北九州の正GKだったのだしその力は十二分だと思う。

※公開当初完全移籍と書いてましたがレンタルでした。失礼いたしました。

米澤(山口へレンタル)
セカンドでの活躍からレンタルで声がかかったかな。
それだけでもまずはセカンドの存在意義はあったかと。
曜一朗負傷でトップでも練習参加があったりなど着実に成長中。
レンタル先で更なる成長を。

小暮(愛媛FCへ完全移籍)
アタッカーなのだけど、サイドバックという感じに。
まあ思うとこあれどそうじゃないだろう感が強く残念な気分。
愛媛では是非前目で、またあのワクワクする突破を見せてほしいと思う。
がんばれグレ! とうもろこし美味しかったよw

その他、平野甲斐が2年のレンタルを経てアーミーUTDへ完全移籍しました。
いつの日かまた会おう!
ジュラトがタイのチームへレンタルされているようですが詳細は不明。何やねんこれ。
大河が徳島レンタル延長。
練習では調子いいらしいので2017こそ数字を残したい。
あとスタッフ人事で、GKコーチの河野さんが名古屋へ。
2003年に現役を退いてからずっとセレッソでコーチ業をしてくれたお方。
河野さんに育てられたGKはそれぞれの方面で活躍してる。
その一番手は一森純(岡山)かな。そして今ユース年代のGKコーチを担当してる島並も教え子の1人。
セレッソでの仕事は「一旦」休止で名将(と言われてるんだろう)風間監督の元でGK王国名古屋の再建を目指すそうだ。
河野さん、本当にありがとう。そしていつの日かまた。
GKコーチと言えば吉田宗弘氏が京都サンガのGKコーチに。これもまた意外な。

出る人イレブン(組めるのか)
 米澤 田代
ベス    玉田
 扇原 橋本
平野 小谷 中澤 小暮
   武田

平野を強引に連れてきて何とか。
しかし言い換えれば主戦級をほとんど残すことに成功したのはエライぞクマ公←上から

入る人
アン ジュンス 議政府FC U-18(韓国)より加入
韓国アンダー代表の常連キーパーが7月に加入してます。
セカンドでは既に出場しております。
ジンヒョンの後釜を狙う、大型GKです。

大山 武蔵(おおやま むさし)札幌大谷より加入
モリシがその伸びしろに期待する、北の大地の逸材。
札幌とも競合したようだがセレッソへの加入を選んだようだ。
セカンドがあるのでその辺も有利なのだろうけど、ともあれSBとしての獲得、是非ともシャケを超えて欲しい←

茂木 秀(もぎ しゅう)桐光学園より加入
サイズは抜群の高卒新人GK。
桐光学園は今年プレミア参入戦敗退、選手権1回戦負けと残念な結果は多いがそこまでたどり着くというのが既に凄いことなので勘違いなさらぬよう。
その守護神である茂木は期待大ですよ。

斧澤 隼輝(おのざわ としき)セレッソ大阪U-18より加入
セカンド公式戦(J3)で既にゴールを決めているアタッカー。
豊富な運動量とセンス溢れるプレーで観客を魅了する。

舩木 翔(ふなき かける)
U-19代表のアジア制覇を主力として支えた左サイドバック
高円宮杯U-18プレミアリーグでは流れの中からハットトリックをかますなど攻撃センスも抜群のレフティ

森下 怜哉(もりした れいや)
守備センス抜群、ボランチ上がりらしくキック精度も非常に高いCB。
トシキと同じくセカンドでデビュー得点済。というか21試合出場の主力CBだ。

山内 寛史(やまうち ひろふみ)早稲田大学より加入
大型FWでありながらパスセンスにも長け、得点アシスト両方を量産。
関東大学サッカーを代表する選手が加入。
昨年から大学サッカーのエースクラス獲得は続けて欲しいし、山内も超期待できる。

山根 永遠(やまね とわ)サンフレッチェ広島ユースより加入
抜群の得点センスで2016シーズンはプレミアリーグWEST、Jユースカップで得点王を記録。
特にJユースカップではセレッソもガッツリ決められ、それを観戦したものとしては応援せざるを得んだろ。
昨日の敵は今日の友ではないが、あの得点力が味方になるというのは興奮を禁じ得ないですよ。

マテイ ヨニッチ 仁川ユナイテッドFCより移籍加入
クロアチアCBというと嫌な記憶が蘇るが、サイズ抜群、韓国リーグで2年連続ベストイレブンとなるなど実績は丸印。
新聞報道ではフィードに難があるとかいや抜群だとか両方に分かれてて何じゃそりゃ状態。
でもユンちゃん直々の獲得要請だろうし見事ゲットしてきたということで期待大。

福満 隆貴(ふくみつ たかき)レノファ山口より完全移籍加入
2016シーズンJ2で40試合に出場5得点、2015はJ3で19得点するなど山口の主力が満を持してJ1挑戦。
JFLヴェルスパ大分)→J3→J2と着実にステップアップ中の24歳。
ウチでは昨年の清原に続く「大吉ルート」

圍 謙太朗(かこい けんたろう)FC東京より完全移籍加入
ピン大時代にキャンプ、練習参加をしてくれてた圍。
サイズ技術ともに申し分なく、FC東京ではセカンドチームのみならずACLゴールマウスも守ったことも。
さあまずは辞書登録からだ(Google日本語入力のバカ…)

水沼 宏太(みずぬま こうた)FC東京よりレンタル移籍加入
アンダー代表常連だった彼も一時期は伸び悩み。
鳥栖でユン監督の指導を受けてからの急成長は見事だった。
その縁かユン監督の元へレンタル加入。
マリノスユース時代にセレッソと対戦したこともあるが、あの時のあれはあれなので忘れようw
てかあれももう10年前かよ。

その他はレンタルだったソウザが完全移籍での加入になりました。
ユンちゃんが手綱をしっかりひいていれば悪いことではないと思われるが。

という風に、意地悪な言い方で恐縮だがJ2の4位で昇格した割には控えめな補強。

追記

とか書いてたらなんと清武弘嗣を完全移籍で獲得してきやがりました。マジかクマ公。


補強らしい部分は魔帝(誤変換だがかっこいい)と水沼(とそれに伴うお父さんの解説か)だけ。
福満は期待値込みの獲得だろうし、圍はジンヒョンの牙城を脅かす事ができるか、という感じかな。
それだけ昨年から「戦力はJ1クラス」だったといえる。

では予想フォーメーションなど

   柿谷
杉本 水沼 清原
 ソウザ 山口
丸橋 魔帝 山下 松田
  ジンヒョン

とまあ、J2時と代り映えしない割には強そうに見えるのは贔屓目だろうか。
ここにユンちゃんが監督となると、そりゃ「今年こそ」の期待は非常に高い。
しかし目の前にあるのは、まず残留だと個人的には思う。
PO昇格したチームが残留したケースがないのは単純にJ2の3位以下だったチーム、つまり前年度比較J1最下位の更に下扱いだからだと思う。
そこに監督を変えただけでさっくり強豪に変われるわけではない。
それでも俺達は期待する。そしてスタジアムで声を上げる。それしかないよな。
そして一歩ずつ強くなる、残留を通り越して上に行けるチームだと確信している。

やったりましょうぜ。