読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第1節 セレッソ大阪vsアルビレックス新潟

大阪長居スタジアム 2013/03/02 14:00キックオフ
天候 晴れ

セレッソ1-0新潟
得点:柿谷

2013年開幕。

 エジノ 柿谷
南野    山口
 横山 シンプリシオ
丸橋 茂庭 藤本 酒本
   ジンヒョン

ベンチ:武田、山下、椋原、扇原(→横山)、ブランコ(→山口)、枝村、杉本(→エジノ

今年こそ開幕勝利を目指したいが果たして。

勝ったのにネガティブな書き方になるが、個人的にコレジャナイ感の強いメンバーとなった。
天皇杯メンバーから外国人選手を入れただけの布陣は、エジノがよっぽどの当たり外国人でも無い限り昨季とそれほど変わりのないチームしか想像できないからだ。
「出た選手の評価は下がり、出てない選手の評価が上がる」という(主にネット上での)法則によるのもあると思うが。
それでも前半25分くらいまでは、逆にメンバー入れ替わりの少なさを活かしてそこそこやれていた。
しかしパスミスなどでリズムを失うと防戦一方。
新潟の優しさに助けられて無失点で前半を切り抜ける。
それにしてもGK抜いておいて、切り返してループとか優しすぎて惚れてまうやろ。
後半はネジを巻き直したいが、ここで小豆は螢をブランコに代える。
攻撃に長があったとしても、守備に忙殺されるリズムの悪さを立て直すにはそこじゃない感半端ねえ交代。
残念ながら不安的中。後半またも猛攻を受けながら優しさに助けられる。
特にフィットしていないエジノに全くボールが収まらないため悪循環が断ち切れない。
ようやくエジノに見切りをつけたのが後半20分も過ぎた64分(小豆のことだからイエローでの交代だけど)、健勇を投入し前線での起点が作れるようになる。
健勇は体の強さだけでなく足元もあるのでサイドに流れクロスを放つなどリズムを取り戻す。
が、今度は中盤の底がへたり始めた。シンプリシオもトップコンディションまではもう少しかかりそうな予感を感じさせる。
しかしそこは小豆、横山(その前にしょんぼりなプレーもあったが)からタカを投入してテコ入れ。
タカは素晴らしいロングフィードを連発し、押されまくりのこの試合で最も効果的なカウンター攻撃を牽引する。
そしてそれが88分、見事に実った。
裏へ飛び出した柿谷曜一朗がタカのパスに追いつくと、飛び出してきたGKの位置を見極めて絶妙なループ。
そのボールが優しくホーム側のネットを揺らすと、曜一朗は飛行機ポーズでモリシ幕へ駆けて行った。
モリシともシンジともキヨとも当然違う新しいレジェンドは、しかし過去の彼らと同じようにスタジアムを熱狂に包んだ背番号8となった。
そしてそのまま……とはいかず。
なんで前線で時間稼ぎ失敗したりクロスを簡単に入れられてファーでフリーで合わされるのかと。
空振りという優しさがなければ感涙にむせぶサポが鼻水吹き出す結末になっていただろう。猛省すべし。

とは言えJ1では実に14年ぶりの開幕勝利らしい。
いやでもJ2にのべ4年居たんでそれってあんま意味のないカウントだよね。
25分くらいはふむふむと意図を感じるプレーもあったし、なんといっても「プリンス」拓実が90分出てしかも通用していた。
明るい材料は無いこともない。
しかし勝ったので5位にいるがw ざっと見た感じ一番出遅れてるのではと思われる試合だった。
ギリギリ残留した昨年から目新しい部分がないというのはどうしたもんかと。
次はJFKこと城福浩監督が率いるヴァンフォーレ甲府
昇格組だがはっきり言えば今の状態では到底太刀打ち出来ないレベルの相手だと思っていい。
1週間でどうこうできる話ではないと思うが、セレッソは個々のレベルは高く仕上がりもそこそこなのでその辺でどうにか試合に出来れば……。
俺がネガになれば結果が出るような逆神であれば良いんだけど。

てか勝利はどんな形でも普通に嬉しいよ。イヤッホウ。

今日の観戦:テレビ
長谷川のネガと言い間違い実況(馬場さんではなかった)で正直なんだかなあ。
ユース卒の選手同士での球回しで「サンガユースの力!」と言ったような気がしたんだが……w