マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第3節 セレッソ大阪vsFC東京

大阪長居スタジアム 2013/03/16 15:00キックオフ
天候 晴れ

セレッソ1-0東京
得点:山口

祝・開幕三連勝。

  柿谷
エジノ 南野
扇原    山口
新井場 茂庭 藤本 椋原
   ジンヒョン

ベンチ:武田、山下(→藤本)、丸橋(→椋原)、酒本、横山、枝村、杉本(→エジノ

などと浮かれられる余裕もなくw

ジャッジに関しては(重要なシーンでは)全て正しそうだという結論がマッチデーハイライトで検証されてたので置いておく。
ただほんと審判に釣られるとろくな事にならないという見本だった。
この試合唯一のゴールは相手の横パスをカットして綺麗な繋ぎからエジノ→丸→拓実でファーに詰めた螢が難なくプッシュする綺麗なもの。
それ以外は攻撃にも守備にも見どころ少なかったなあ。
そういうと語弊はある、か。
守備では偶然も重なれば必然となるは嘘(By本部長)という言葉通りにどこまで偶然が続くのか見ものだった。
でも茂庭、コータ、そして新井場という守備陣はかなり奮闘し、最後はジンヒョンがビッグセーブを見せるなど個々は本当に良くやってた。
攻撃に関しても拓実は説明不要の頑張り、曜一朗も献身的に動きまわっていたし、ホタルの運動量にタカの長短のパスは本当にビシっと決まった。
むっくんは古巣相手の初先発に応えていたし交代で入った丸は攻撃にアクセントを付けるというタスクを見事にこなして起点となった。
えっと、これだけ褒めたら圧勝してても良さそうなのになんでこうなるのw
まあ名前出してない選手がもう一つなのが一番の原因かもしれないとか思ったり。
ポテンシャル知ってるから尚更だけど。でもかなり動けるようにはなってたので期待。(でもナビは休む予感がするw)
あとは「こうなるはず」というサッカーから乖離してるのも要因だとは思う。
個人スキルが高いのでそれが見事に絡み合ってどうのこうのというのは幻想だと言わざるを得ないw
しかし幻想を追い求めるのもまたチームとしての宿命。
咬み合って必然で勝てるレベルまでチーム力が上がるといいな。

さてさてリーグはお休みに入り、代表ウイークとヤマザキナビスコカップの開幕。
小豆の野郎もお休みに入るようなのでナビは正直期待できぬ。
個人的にはアレだが小豆は最終的に結果も出してるからねぇ。
プロの世界はなんだかんだで結果が一番だから。
マテルコーチが代理で指揮をとるそうだがら思い切った策も見てみたい。
相手は相性最悪の名古屋で相性最悪の瑞穂競技場が舞台。
もう祝日とはいえ水曜ナビスコのかったるさ満開采配でよろしw
リーグの勢いに繋げるための大会と割り切る。

って事では本当はダメだと思うのですよ?

今日の観戦:J-SPORTS
西岡さんとか素敵すぎる。
サッカー系のフリーアナウンサーの技を民放系のアナウンサーは是非見習って欲しい。
日曜の吹田横浜戦SkyAなんかプロレスか野球かと……。