読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第5節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

茨城県立カシマサッカースタジアム 2013/04/06 15:00キックオフ
天候 大荒れの予報ではあったが雨がぱらついた程度で助かった

セレッソ0-1鹿島
得点:

今季初の無得点

  柿谷
エジノ ブランコ
扇原    山口
丸橋 茂庭 藤本 新井場
   ジンヒョン

ベンチ:武田、酒本、横山、黒木、枝村、南野(→ブランコ)、杉本(→シンプリシオ

というレベルのお話ではない。
(久々に胸糞な内容書いてるので苦手な人はこの先見ないことをオススメ)

出場停止のヤマに代わってコウタが間に合ったのは朗報だった。
お陰で前半大きな破綻なく淡々と試合は進む。
シュート数は多くCKをかなりゲットしたが、キッカーのブランコが思うようなところへ蹴ってくれない。
ニアの更に手前で失速してクリアされるとかザラだった。
守備はほとんど問題ない。
モニは久しぶりに「俺、ダヴィと消えるから」状態。
コウタも怪我明けを感じさせないパフォーマンス。
高い打点でのクリアなど安心感さえ漂う。
しかし鹿島のCB、岩政も負けてない。
絶好調の曜一朗を尽く封殺する。
これは苦労するぞ。
ってかね、攻撃では完全にエジノブランコがブレーキ。
いくら相手がJを代表するようなCBであってもそれをどうにかするのが助っ人じゃないのかよと。
ダヴィの存在感の1000万倍希釈くらい。
そのダヴィが前線のチェイスでジンヒョンからボールを奪って最後は遠藤が無人のゴールに突き刺すという。
最悪の失点。してはいけないというかするはずのない失点。しかもこれで負けるとかどんだけ胸糞。
まあ現地で見ると外国人は孤立する感は無茶苦茶あった。
信頼を得てないというのもあるだろうけど。
健勇を投入してエジノとの2TOPとかめちゃくちゃだったなあ。
曜一朗を右、拓実を左のサイドに固定する謎采配。
健勇が競り勝ったボールが意味なく相手に渡ってたし。
エジノが切り込んで利き足であるはずの左足でシュートを放つも、枠どころかチョロというお粗末な結果に心折れる。
センターで待ってた曜一朗、ファーで待ってた健勇が同じ動きでエジノに切れる。
健勇の殺人鬼の目は久々に見たw

ということでナビ新潟戦のレビューに書いた通り今年も残留争いで確定ですわ。
・調子のいい選手をきっちり使いこなせば必ずしもスーパーな選手は必要ない
・スーパーな選手の助けを使って若手をしっかり育成して勝つ
ことはけっして難しいことじゃない。
なのにやってることは無理矢理な選手起用に見えて仕方がない。
結局5試合で勝ち点10を得ているというのも昨年と同じ。
大丈夫かこれ、という試合内容も同じ。
流石の小豆も残留は早期に決めてくれるだろうと思っていたがこんな試合内容では今年もやっぱり苦労するのかという思いのほうが強い。
お得意の「公式戦10試合は様子見」がそろそろ終わる試合。
もうナビも良いから残留に集中してくれ。
あとね、生で見てるとよく分かるんだけど……。「女子校ノリ」って良し悪しだよ、かなりね。
これを解消するには危機的状況に陥るか、もっとノリで突っ走るしかないんじゃないかなあ。
ナビは良いけどリーグ次節の大宮に勝てなきゃ本当にスレスレだと思う。

ほんと、これじゃ落ちるぞ。

今日の観戦:生
ジンヒョンへのコールはGJ。
いつも通り雰囲気が良いゴール裏だと思います。
でもやっぱ失点があれ過ぎてすぐに切り替えできなかったのは反省……。
モツをやたら食べた。
大+試合終了後に小100円のセールを買い込んで食べるレベル。
電車で東京→よださんに運転してもらってで久々に運転なしの遠征。
悪天候の中ありがとうございました。
しかしぬるぽ関東支部査察はとんでもない結果に……。
本部長、遠いところありがとうございました。
あと広島サポと柏サポの方々との会食も楽しゅうございました。
ありがとうございました。
これからの我々の残留劇を、是非お楽しみ下さいw