読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

Jリーグヤマザキナビスコカップ第4節 セレッソ大阪vsFC東京

大阪長居スタジアム 2013/04/10 19:00キックオフ
天候 たぶん晴れ

セレッソ2-1東京
得点:柿谷、シンプリシオ

ナビスコB組首位奪取。

  柿谷
エジノ 南野
扇原    山口
丸橋 茂庭 藤本 新井場
   ジンヒョン

ベンチ:ソンユン、山下、小暮、黒木、枝村(→南野)、楠神(→扇原)、播戸(→エジノ

嬉しいのかと言われりゃ微妙だけど、嬉しくないこともないw

セカンドGKの武田が5週間の怪我。3人体制は不安だから早く戻って欲しい。鶴。
お陰で今季加入の18歳ク・ソンユンをベンチに入れざるを得なくなり、代わりにブランコがメンバー外になる。
申し訳ない話だが怪我の功名と行きたいところ。
電車の中で速報リロードして淡々と時は過ぎる。
まあ鹿島でも思っていたけど、今季は守備悪くない。
特に開幕ベンチスタートだったがタカがトップフォームになりつつあるのでその辺が大きいか。
兎に角バカミスとか無ければそこそこ守れてると思う。
家に着いて見たら下手に飛び込まないでコースを切って打たせるような守備もしてたし。
んでまあ服脱いだりなんやしてたらシンプリシオのファインゴールが炸裂して勝つという。
俺っぽくない展開で見事勝利。
ボールがネットに刺さった後の風格ったらなかったね。
「触らせずに入れるつもりだったんだけどなあ」
みたいな。
実際は入ったかどうか見えなかったんだろうけどねw
んでハイライト的に曜一朗のゴールも見るけどこれもファインだなあ。
別のプレーでGKをかわしたあの足裏でのボール運びもカッコ良かったなあ。
さてその相棒だが……。
彼にとってのビッグゲーム(Byブランコ)だったであろうこの試合でも良い所は見いだせなかったというのが正直なところか。
前も多分書いたんだけど、長居って大好きなスタジアムなんだけど、大きいせいか時折空気が変えられなくてもどかしいところがあるよね。
失笑とか、怒りとか。蔓延してたのはテレビからも見えた。
ゴール裏は凄く「エジノに花を持たせてやろう!」って雰囲気がよく出てたと思うんだけど。
でも本人がペットボトル蹴りあげてそれもパーになった。
土曜は所謂「クルピ流公式戦10試合目」になるので次が本当のラストチャンスになるだろう。
家族を3日で帰国させるのは切ないけどもや。助っ人稼業はシビアなもんだ。
(本来ならヒゲも責任取るべきだけどな)

ナビは1ヶ月のお休み(うちの試合がないのも含む)で次はリーグ、今節のナビで負けたとは言え絶好調の大宮。
こちらとしては先程の10試合目と合わせて絶好の試金石となるはず。
枝村、楠神と途中投入して好感触があったようだし、少しお疲れ気味の拓実螢とてうかうかしてられない。
枝村は相変わらずミスのないプレーをしてチームを支えてくれる、途中投入にこれ以上無い効果をもたらしてくれる。
楠神はまだ遠慮してるけど。
曜一朗はそれを見越してパスを楠神に集めてた。
行けや→え、なんで俺?→ええから行けや→だからなんで俺やねん→行ってアピールしたらええねん!→あーもー(ドリ開始)
というショートパスのやり取りからも伺えた←妄想やないかw←セレモバ読んだらそうでもなかったw
怖いのは凡ミスだけ。
ひとまず「今季のセレッソはこんな感じで進みます」が決まる試合なのだから、だったら勝っとこうよってことだ。
気持ちが大事。腑抜けるなよ。

播戸? 出てたっけ?←マジ猛省してください。

今日の観戦:フジテレビネクスト
ジムさん久しぶりっすね。
フジ系実況は可もなく不可もない感じで悪く無いっす。