読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第14節 ジュビロ磐田vsセレッソ大阪

ヤマハスタジアム 2013/07/06 19:00キックオフ
天候 暑い……。

セレッソ2-2磐田
得点:南野、エジノ

リーグ再開。

   柿谷
南野 シンプ エジノ
 扇原 山口
丸橋 山下 藤本 酒本
   ジンヒョン

ベンチ:武田、新井場、椋原、楠神(→シンプリシオ)、横山(→扇原)、枝村、杉本(→南野)

果たして結果は。


ベース自体は結果が出なかったがそこそこだという判断からかナビ杯の継続。
個人的な感想(のブログなんだから当たり前だけどw)ではどうも1トップの戦い方って限定的だなあとちょっと思ったり。
シンプリシオが前線で相手ラインをかき混ぜたりとかしてくれてるけど、基本STはサイドに開いていく形だからフィニッシャーが定まらないってか。
つってもその両ワイドのSTが両方点を取ったってことは采配は良かったんでしょうw
小豆が言うように兎に角ジュビロのモチベーションが高かった。
けどぶっちゃけそれだけ。
勿論個人の技術は高いけど練度は高くない。だから最後は基本的な形を強引にやり切る事というスタイル。
練度が上がれば容易く残留出来るんだろうなと。
だから今は勝ちたかった。勝っておきたかった。
拓実のリーグ初ゴール(とは気付かぬほど彼にはゴールを見せてもらってるのう)が炸裂して緩んだわけでもないんだろうけど。
60,61分の2失点が兎に角悔やまれる。同じような形だったし。
音を立ててバタつくのはダメな部分。そろそろそういうのを無くしたいね。糧は山ほど食べてんだしw
そんな逆転劇で負けてなるものかと奮起したのは川崎からの移籍組、途中交代の楠神横山。
特に横山がこんなにいい選手だっけ(失礼)という出来。
勢いを取り戻して曜一朗のダイビングヘッドのこぼれ球をエジノがプッシュして同点。
押せ押せムード漂うが不発。
最後まで全体的なミスが減らせずにドローでの決着となった。

次節は苦手横浜Fマリノス
ジュビロのように監督交代して練度に不安がある状態でも選手の質が高いとあんなしょぼいミスは見逃してくれない。
それを本当に、本当に糧にしないと、絶好調のチームにフルボッコになることもありえる。
首位戦線への生き残りをかけた戦いだと認識して欲しい。
ここをあっさり落としたらそれこそ優勝とかどの口がって言われることになるだろう。

俺は絶対残留!w

今日の観戦:生
新装ヤマハスタ初見参。てかここんとこ毎年行ってるw
でもあの仕様でペットボトル持ち込み禁止は鬼畜です。
アチラコチラで阿鼻叫喚。ほんと改善を望みます。
あの角度でゴール真上から見るサッカーはなかなかに楽しい。
ホームゴール裏のスタンドがチラ見えしてましたが何やらデカイっすね……。
でももっと危険な角度にしないと遠くなるんじゃなかろうか。