マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第27節 セレッソ大阪vsジュビロ磐田

キンチョウスタジアム 2013/09/28 18:00キックオフ

天候 晴れっぽい

セレッソ2-0磐田

得点:柿谷、山下

うんうん。

 柿谷 杉本

楠神   山口

 扇原 シンプリシオ 

丸橋 山下 藤本 酒本

   ジンヒョン

ベンチ:武田、茂庭、新井場(→丸橋)、横山、枝村(→楠神)、エジノ、南野(→杉本)

まずは1つ。

ちゃんと見てないのでメモ書き。

勝てる試合をきっちり勝ったという意味で良かったと思う。

攻守のキーマンが活躍したし、残りのボトムズ対戦にも期待が持てる。

今の守備を破れる下位チームは殆ど無いと思われるので自信持ってやってくれればOK。

問題はやっぱ攻撃かもだが拓実も帰ってきたことだし、楠神枝村はいい意味で相変わらずだ。

ここに健勇(かエジノ)の覚醒が絡めば。

さて次節は崖っぷちの崖っぷち、18位大分。

なんと負けるだけでJ2降格が決定する。

ご存知の通り、セレッソ大分と言われるほどの元桜戦士たちが在籍。

2002年の同期昇格でもあり、キヨ大輔大海が移籍してくるなど縁深きチーム。

逆に「だからこそ我々の手で」介錯したいと思うわけであるし。

相手にしてみれば勝ちたい気持ちは凄まじいと思われる。

それを上回る気持ちを持つこと。それがあれば勝利は揺るがない。

今日の観戦:ハイライト

磐田にも実質介錯を施した感じがせんでもない。