読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2013J1第29節 セレッソ大阪vs湘南ベルマーレ

キンチョウスタジアム 2013/10/19 19:00キックオフ

天候 雨降ってますね

セレッソ2-1湘南

得点:杉本、柿谷

ふむふむ。

 柿谷 杉本

シンプリシオ 南野

 扇原 山口

丸橋 山下 藤本 酒本

   ジンヒョン

ベンチ:武田、新井場、小暮、横山、楠神、枝村(→南野)、エジノ

3つ勝てた。

この試合に関しては、先制を許しても全く動じなかった。

曜一朗も語るように「失点は1に抑えてくれる」というチームとしての自信がテレビからも見て取れた。

前半終了前に丸→タカ→健勇と綺麗に繋がったゴールで追い付くと、後半10分ほどでCKから曜一朗が逆転弾を決める。

ここらは今季最初のところでは無かったことだと思う。あと5連続引き分け中にもね。

上から目線と勝者のメンタリティは似て非なるものだとは思うけど、そういう「大人な」ゲーム展開は必要なんだろうと思う。

キンチョウ男の湘南・大竹がもっとゴリゴリ来ると怪しかったとは思うのだが、イマイチ乗りきれてないのか消極的なプレーに終始。

最後のCKはGKも上がってきたのにショートを蹴ってふいにするという悲しい結末。どこかの代表みたいだな。

チョウ・キジェ監督は「それはどうかと思うけど選手を責めないよ、という姿勢で大変素晴らしいと思います)

スタッツ自体もほぼ圧倒したので個人的には「完勝」の部類。

さてお次もまだまだ下位に沈む鳥栖

アウェイの地ではあまり(全然?)いい思い出がないのだけどまあ勝たねばなるまい。

首位とは勝ち点6差、上位直接対決を3つも残して「優勝争い」に参戦する権利を取るためにね。

つくづくチームが出来上がるのが今の時期という悪しき伝統を恨みますよ。全く。

今日の観戦:NHK-BS

実況解説のUHYが心地よいですなあ。