読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2014ACL予選G第3節 セレッソ大阪vsブリーラム・ユナイテッド

大阪長居スタジアム 2014/03/18 19:00キックオフ

天候 にわか雨がざっぱーん

セレッソ4-0ブリーラム

得点:柿谷、南野×2、フォルラン

良く頑張ったー

   柿谷

南野 フォルラン 杉本

  長谷川 山口

丸橋 山下 染谷 酒本

   ジンヒョン

ベンチ:丹野、新井場、カチャル、扇原(→杉本)、楠神(→南野)、永井、ミッチ(→長谷川)

お疲れさーん(巌雄先生のモノマネ)

まあお疲れだったのはブリユーだったかな。中2日でタイから日本つうのはね。

なのでスペース出来放題で実質やりたい放題になった試合かと。

その中で今後の事を考えてフォルラン曜一朗をフルで使えたり、層の薄いCBで染谷を試せて無失点つうのはチームとしても良かった。

染谷は最初に硬さがあったもののサイズもスピードもあるし中々に足元も上手い。

計算の出来る選手であることを示せた。

次は是非小谷も試して欲しいね。

そしてなんといってもフォルランの来日1号。

空振りした瞬間に\(^o^)/オワタと思ったけど、奪い返してからのモーションの早さ。

流石っすよ。

しかしゴールシーン以外では……w

まあでもなんつうかな、都並さんは褒め過ぎだけど、動きの質が上がってるのは確かだし、この試合で更に連携も高まったかなとは感じる。

んで、モーションが早いといえば拓実の1点目。

キックフェイントでスライディングする相手をかわしてからシュートモーションへ移った早さ、あれは震えるわ。

あとさっくり取り過ぎてめちゃくちゃ難しいのにそうは見えなかった曜一朗の先制点とか、相手の緩さが気になったけどまあ完勝ですね。

ACLは他会場が引き分けたため混戦。残り3つとも勝たないと突破は難しいかな。

さてお次はリーグ、ホーム3連戦後のアウェイ鹿島アントラーズ戦。

3連勝中かつ無失点で3節時点とはいえ首位に経つチーム。

今季は若手への切り替えが上手く行ってると聞くし、お疲れブリユーのようにスペースは出来ないだろう。

しかもここ数年の相性が最悪。お得意様にしてたのも今は昔……。

しかし強いからこそ

個人的にも今年初参戦なので気合で。

今日の観戦:スポーツバー

横にMAXUHYなKJJをお迎えして終始ウッヒョー。

平野甲斐への認識が「びわこ成蹊」「義文と同い年ということはヤマちゃんとも同い年」というマニアックな認識方法。

更にこの人は「フォルランは確実にポゼッションできるチームでこそ活きる。一番は柏U-18」などという妄言を吐くなど。