マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2014J1第4節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪

県立カシマサッカースタジアム 2014/3/23 15:00キックオフ

天候 モツのネギも飛ばない、穏やかな晴れ

セレッソ2-0鹿島

得点:長谷川、フォルラン

俺が決めるまで

  フォルラン

 南野 柿谷 杉本

  長谷川 山口

丸橋 山下 カチャル 酒本

   ジンヒョン

ベンチ:丹野、染谷、新井場、扇原(→南野)、楠神、永井(→フォルラン)、ミッチ(→長谷川)

シュートを打つことを止めないいぃぃぃぃぃ

というくらい、フォルランの気迫が凄まじかった。

特に後半最初のビッグチャンスを大外しした後。

あれも養護しとくけどね、GKが塞ぎに来てたからとっさの左足で角を狙ったキックしたのは凄いと思うのよ。

残念ながらミスキックになっただけでw

得点シーンも接待パスだのごっつあんだの言われてるけど、結構難易度高いと思うのよ。

地蔵などと言われていたのは今は昔(先週のことだがなw)この日は裏への抜け出し、スペースを作る動きと豊富な運動量。

更にはパントやフィードにヘディングで競ったり体を張ったポストプレーなども披露。

ただ、やはり少し孤立気味ではあったけど。

試合前練習の時とか、見てて不安には感じるけど、新井場曰く

「お互いプロなんだから、ピッチの中ではちゃんとやる」

と言うのは本当だと思うし、まあこれから更に良くなる気配も感じたので。

フォルフォル炸裂で大満足でした。

ああいやいや、ゲームも書いとくと、個人は褒めるとこしかないなあ、と。

ヤマ、カチャルを突破できる攻撃陣は居るのだろうかというほどホルホルしてしまいそうな堅牢な守備。

マルチなセントラルミッドフィールダーとしての能力を発揮し始めたアーリア。ナイスボレー。

チームを攻守に渡り支える蛍。いちいち書いてないのは凄すぎて普通に見えてきたからかもw

そして健勇、前回も書いたけど今の位置は凄く合ってると思う。

元々の器用さが発揮出来てる。

しかしながら曜一朗と拓実は若干心配かも。

距離的な問題でゴールから離れすぎてないかなと。

まあ関西支部長も仰るとおり、今はチームとしての結果も出てるので。

それにこの日のフォルフォルで(多少上から目線の話だが)チームとしての「新戦力値踏み」も終わったのではないかと。

一緒に戦うメンバーへの厳しい目もプロとして必要だと思うし、それが世界的スターであっても一緒。

それがあのガッツポーズに現れ、歓喜の輪ができ、カチャルがそれに飛び乗るという事態なのだろうw

次は拓実、曜一朗の番だぞ、ということもみんな分かってるはず。

ACLでは既に得点済みだし、その融合は楽しみ。

そして次は昨季終盤からの好調をキープする新潟。

J2時代にしのぎをけずったライバルでもあり、なぜか目立たないが川又意外にもタレントの揃った実力のあるチーム。

先にも触れた川又堅碁も虎視眈々と代表を狙い、それを止める我らがDF山下達也も同じ境遇だ。

止めたほうが、決めたほうが代表へのルートを拓く、そんな戦いにも注目かも。

個人的には、チームが出来上がりつつある今「狙って試合を展開できるか」というテーマでこれ以上ない試金石になると思ってる。

いわば内容を問うてもいい試合じゃないかなと。

結果を伴うのは当たり前として、ね。

今日の観戦:生

いつ来ても素晴らしい臨場感と芝生。

そしてそのスタジアムに32,099人を集め、素晴らしい舞台が用意されていた。

フォルフォルした瞬間のスタジアムの雰囲気、空気たるや、まさに最高。

もちろん勝ったから言えることではあるけども。

だからこそ、だからこそ同日に行われた無観客試合に大いなる虚しさを感じたのでした。

審判はもう、残念というかごめんなさいというか……。

ボールが2個入ってしまいドロップボールで再開するときに悶着があったり、意義?でのカードがあったり。

でAT5分位かなと思ったら3分で、しかもすげえさっくり終わらせたり。

試合前確認に出てきた時に、仲間と「あーあの人な~……」という会話してたんだけど、嫌な方面で予感的中しちゃったな。

その面ではちと後味悪いかな。

んで渋滞回避の駐車場1時間封鎖と迂回路によってかなりスムーズに高速乗れました。

お世話になったお仲間あざっす。

あとフォルランタオルはふぉるぽラすのマストアイテムだと思うっ。