マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2014ACL予選G第4節 ブリーラム・ユナイテッドvsセレッソ大阪

ブリーラムスタジアム 2014/04/02 20:00キックオフ(日本時間)
天候 高温多湿だそうです。

得点:山下×2

代表入り待ったなし。

  柿谷
南野 長谷川 杉本
 扇原 山口
丸橋 山下 カチャル 酒本
   ジンヒョン

ベンチ:武田、染谷、新井場、安藤(→丸橋)、楠神(→長谷川)、永井、ミッチ(→山口)

山下がその領域へ踏み込んだ。

直近国内組で行われる合宿があるらしいのでそこへ招集されるのは確実だろう。
吉田麻也が怪我してるしスパイクも三本線に変えたし。
で、まあこの試合はそのヤマだけでやったような試合だったかな。
前半途中から見てたけど、暑さのせいかもう動きが重い。
2失点目なんかは完全にジンヒョンのミス。
確実に弾いておけばしてない失点だった(取りに行ったから反応出来てたって事だしね)ように思う。
でもまあ、ここはリーグに主眼をおいて省エネで戦いぬくつもりなのだろう。
と思ってたらハーフタイムに監督が怒ったらしいからチーム戦術じゃなかったのね……。
後半はセレッソデビューとなる安藤。そつなくこなしてもしかしたらリーグでも出番があるかも。
丸が調子落としてるし。シャケも褒められたもんじゃないけど……。
あと曜一朗が本格的に心配。あんなトラップミス連発するような選手じゃないのだけど。
しかしチーム力で言えば確実に上がってると思う。
途中で入った選手がいい動きをしてたし、先発組と遜色はない。
コンディションを整え、更にもう少し個々の理解度が上がれば……。

だがそれを待つわけにも行かず、次はリーグ戦、アウェイの餅ダービー。
疲労が心配だし、疲れきっていては去年の日立台の逆パターンもあり得る。
まずは疲労回復。出来ればターンオーバーも存分に使いたい。

ここが監督の腕の見せどころだと思う。

今日の観戦:スカパー
都並節炸裂しまくりですが、それにもましてアナウンサーが酷い。
日テレ系お得意の資料読み、そして主観を視聴者や解説に押し付ける。
ヤマのうまい抜け出しのヘッドに「高さが活きました!」って(直ぐに訂正してたけど)
先入観持って実況するから名前間違いも多いんだよ。
あと傑作は
アナ「タイの選手は1点取られるとメンタルが崩れるとお聞きしましたが!?」
都並「あー、うんそうですね……国民性っていうかですね……」