読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2014J1第6節 柏レイソルvsセレッソ大阪

セレッソ観戦記
日立柏サッカー場 2014/04/06 15:00キックオフ
天候 くっそ寒い

得点:丸橋

ブレイクスルーが欲しいなあ。

   柿谷
南野 フォルラン 長谷川
  扇原 山口
丸橋 山下 カチャル 酒本
   ジンヒョン

ベンチ:武田、染谷、新井場、安藤、楠神(→南野)、ミッチ(→柿谷)、杉本(→扇原)

悪くないだけに。

なんかブレイクスルーが欲しいって、単語としておかしい気もするが。
スタンドから感じるモヤモヤの原因は明白で、単純なミスでのロスト、それと縦への速さ不足だと思う。
開幕からこっち、曜一朗、フォルランなど最前線では裏を狙うシーンも有るのだけど、そこへ球が出てこない。
勝手に感じてることだけど、もしかしてそういう攻撃をわざと封印してるんじゃないだろうか。
しかし細かいパスは、読まれてたり距離感が悪いくミスる、を繰り返してる。
蛍はコメントで
「セットプレーの失点がもったいなかった。0-1でいけてたら逆転できていた」
と語ったようだが、確かにその通りと思う反面、そこまで迫力のある攻撃が出来ていただろうかという思いも残ったのは確か。
最後の最後はカチャルや丸、シャケがガンガン飛び込んできて得点したものの、これは半分捨て身なのだから。
フォルランが球を捌けていたとコメントしても、柏の選手にそこはあんまり怖くなかったと言われる始末。
コンディションは全員戻ってきてるとは感じる。タイにミニキャンプに行ったと思えば尚更w
今ノリノリの拓実に攻撃の全権を90分持たせてみても面白いのになあと思う。
守備はいいと思う。先にも書いたどっちかの失点は要らなかったと思うけど。
ネガティブなことを並べたものの、何度も繰り返してるが「行けるんだけどなぁ」というモヤモヤ感が全てなので。
何もない悲観的な状況とはワケが違う。
さて開幕からリーグ6試合、ACL4試合で計10試合。これでは小豆時代と変わらない。
奇しくも今日の敗戦で昨年と同じ3勝2敗1分けの勝ち点10で同じ。
昨年はその後、結構負けなしで行ってるが、果たして。

お次は面倒なので割愛。勝って下さいとだけ。

今日の観戦:生
キンチョウが遠い俺にとって、選手に声が届くスタジアムは貴重なのです。