読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2012全日本フットサル選手権PUMA CUP

その他サッカー
 ということで、暇って言うと叱られるけど仕事の都合で空きが生じたので、PUMA CUP決勝Rを3日間連続で見る暴挙にw
 会場は国立代々木競技場第一体育館。
 国立競技場と同じく、東京オリンピックのために建設されたため、とにかく荘厳な感じがやばい。
 そしてPUMA CUPでしか来たことないので想像もつかないが、なんとここは元プール、スケートリンクですw
 ウィキペディアさんによると、五輪の時にアメリカ水泳選手団の団長はこの建築物に感動して、自分が死んだらここに骨を埋めてくれと頼んだとか。
 ずるいぞ。俺も俺も。
 国立競技場のサッカー専用への改修が取り沙汰されてますが、是非あの荘厳な雰囲気は残して欲しい。

 そんな訳で金曜日入場。
 実は御存知の通り、2011年のPUMA CUPは決勝Rの初日が3.11。
 勿論、シュライカーが進出していれば見に来るはずだったのだが、危うく回避していた。
 そして未曽有の大災害により大会も中止となった。
 まあそれが良かったとしてしまっていいのか分からんけど、少なくとも色々な意味で敗退してくれてて(ry
 ここで帰宅難民になっていたら確実に家に帰れなかった……。
 昼までは会社に居たのでキックオフ寸前に到着。
 事前のメンバー発表で義文が入っていることを確認していたので気持ちも軽い。
 相手は大阪代表、ミキハウス。こちらでも大阪ダービーが開催された。
 ひと目ではどっちが強いという事は分からん試合展開だが、まあなんせ守備のシュライカー、簡単にはゴールさせない。
 ヴィニシウスがさっくりファーストシュートを決めたり、ゴレイロイゴールのフィードをエビちゃんが仕留めるなど省エネであっさり下してしまう。
 義文はPIVOとして日本代表の当落線上にいる、その資質は確かだし、チームからの信頼も厚い。
 代表監督が見に来てるここでアピールしたいのは山々だろうが……まあフォアザチームに徹することこそ最大のアピール? かな。
 前半3-0、後半1-0の計4-0でミキハウスを一蹴。
 あとで書くけど、Fリーグに加盟してないチームの実力を低いとは言わないが、流石にシーズン2位のチームとは格が違うかな。
 義文に手を振って、次の試合を観て初日終了。
 ショッキングニュースは決勝で当たると予想してた王者名古屋オーシャンズバサジィ大分に3-7で敗れるという……。
 今度こそ頂上決戦見れると思ったのに。

 土曜日はかなりの風雨。
 嫁がいなかったのでカッパ着て駅まで行ってずぶ濡れになりながら2時間かけて会場に着くと、なんと義文ベンチ外ww
 マジかwww
 と草も生える。
 まあ安心しきって前日帰り際に会場で前売り券を買ってたのと、暫くおいそれと東京には来れなくなるので大会を楽しむことに。
 相手は府中アスレティック。実はリーグ戦は3戦3分けという、結構厳しいゲームを展開した相手。
 シュライカー、なんとプレイタイムで19秒、一木のゴールで先制。
 先制するともうシュライカーはゲームを簡単に絡めとる。
 結果は3-2だったが、第2PK失敗なども焦りなく、ヴィニシウスとエビちゃんが着々と加点してまんまと逃げきった感じ。
 ちょっと強すぎるかね、と。
 んで決勝の相手はバサジィ大分とのPK戦を制したバルドラール浦安
 このPKも結構白熱して、大分が止めたと思ったらやり直しだったりして面白かった。
 因みにこの試合中にケンペスのゴールが炸裂し、目の前で行われているゲームとは関係なしにメインスタンドでガッツポーズを取った奴が居るのは内緒。
 お偉さんにペコペコ頭下げてる義文を発見。とりあえず突撃取材して少し話す。
 決勝は頼んだよ的なことを伝えて前売り券を買う。

 日曜日は本部長夫妻、決勝戦のみコラーゲンキャッスル城主が登場。
 城主には悪いが、この日は3決府中vs大分も白熱したので見たほうが良かった。
 大分オウンで先制するも府中が数十秒後に返す。
 府中がその後逆転に成功、後の無くなった大分がPPを開始すると、その勢いでPKゲット。これを沈めて追いすがる。
 そしてドラマは残り3秒、府中のGKがロングフィード。これをゴール前でバックヘッドするとボールはゴールへ吸い込まれる。
 時計は0:00を指す、余りに劇的な展開で腰が浮いたどころか立ち上がってしまいましたw
 興奮冷めやらぬまま決勝、大阪vs浦安。
 ゲームは意外にも浦安が先制。
 この大会初の先制被弾に浮つくかと思われたが、全く動じないのが凄かった。
 前半終わりごろの時間に、いつもは利き足の左に持ち替えてしまうエビちゃんがなんと右足シュート。
 義文がキーパーとの間に入りブラインドになったボールはキーパーの股間を抜けて同点ゴール。
 エビちゃん、3試合連続弾。バック転でゴールパフォーマンス。義文、影のアシストGJ!w
 後半に入ると勢いそのままに、代表コンビ松宮の高速クロスから村上が中で綺麗に合わせて逆転。
 こうなるとまたシュライカーはゲームを絡めとる。
 じっくり浦安のPPをいなしながら時間を潰すと安直なシュートをキャッチしたイゴールが素早くプレー再開。
 ゴレイロのいないゴール前に走ったエビちゃんにフィードされると難なく押し込んでゲームを決定づける。
 そして歓喜の瞬間、3-1での勝利を告げるブザーが鳴り響くとベンチからビブスが舞い、ヴィニシウスはえらい勢いで転がりながら喜びを表現w
 イゴールにいたっては動物園のゴリr(ry
 MIP(MVP)には決勝R、3試合で4ゴールを叩き出したエビちゃんことエビーニョが輝く。
 3日間見た俺も納得の選出←何様w 半端ない祝福。
 帰宅後になるが、実はエビちゃんは今季限りでシュライカーからの退団が決まっていたらしい。
 先の両外国人の喜び大爆発の裏にはそんな事情もあったのだろうか。
 高円宮妃殿下からメダルを掛けて貰う義文。前回は自身のゴールとロイヤルボックスへのスライディングアピールもあったがw
 本当に誇らしい。
 おめでとう! 義文。おめでとうシュライカー大阪
 実質2連覇は阻もうとは片腹痛いってほどの出来であったことは確かだったw
 大満足で2012年大会は終了。
 個人的には2013年大会も堪能したかったが……まあ無理だなw

 さてさて、長くなったけども、もう少し続けたい。
 シュライカーの初戦、ミキハウスはFに加盟してない。
 しかし予選Rでは準優勝の浦安を1点差に追い詰め、F加盟のエスポラーダ北海道には勝利している。
 Fは名古屋を除いてプロ化されたリーグではない事を考えても、Fとその他に差がないと思う。
 これを振り切る努力をして欲しい。
 ただ今回、シュライカーは危なげなく退けたところを見ると、Fのレベルは上がっていると見て良い。
(仮に名古屋との2強時代たとしても、だ)
 せっかくの全国、トップリーグ。漫然と試合をこなしていくだけのものにしてほしくないと思うのだ。
 やるからには日本のトップの自覚を持って戦って欲しい。
 そうすればもっと(興業としても)発展すると思う。
 是非是非、サッカーとは違うこのスピーディーな展開、息もつかせぬスピード、スローリプレイして欲しい程のテクニックを会場で堪能して欲しい。
 プーマカップ決勝は結構入ってて良い盛り上がりを見せていたし。
 ただサッカーばかり見てると本気で目が回るw

 あと、今4種世代(小学生、U-12)が8人制への移行をするらしいけど、11人制を残したままフットサルを並行してやるほうがよくないかい?
 フットサルの究極の局地戦(1on1とか4vs4のフォーメーション)はきっと役立つと思うんだけど。
 勿論使うテクニックが違うけど、子供らに早いうちに教えておくと、きっと使い分けあるいは併用して出来ることがもっと増える気がするんだ。
 Fやフットサル界への人材供給もスムーズになると思うし。
 8人制ってちょっと未来見えなくない? 11人制に戻った時に本当に有益なんかな?

gdgd書いたけど、総じて満足度の高い3日間でした。